大和版 掲載号:2017年2月17日号
  • googleplus
  • LINE

中央林間駅 北側踏切「改良すべき」 国土交通大臣が指定

社会

車と人が行き交う中央林間北側踏切
車と人が行き交う中央林間北側踏切
 国土交通大臣が1月27日付で指定した「改良すべき踏切道」のひとつに、中央林間駅北側の踏切が指定された。踏切道改良促進法の一部改正に伴ったもので、今後、地域の実情に合わせて抜本的な改良計画が検討される。

通行量の多さに問題

 今回指定された踏切は全国で529カ所。大和市内では中央林間駅北側の踏切「東林間7号」が指定を受けた。

 駅前に位置しているこの踏切は、人や車の横断の量が多く、渋滞や滞留が頻繁に発生していることが問題。法律では、2020年度までに抜本的な対策をとるよう、鉄道会社と自治体に義務付けている。

踏切拡幅も

 この踏切は通路の幅が狭く、これまで改善に向け協議が重ねられてきた。特に電車のラッシュ時には、遮断機が開くと歩道に溜っていた歩行者、自転車が一斉に進入し、車道にはみ出す光景がみられる。

 2015年に市が発表した中央林間の街づくりの基本方針「中央林間地区街づくりビジョン」では、駅前に図書館や市民交流施設を設置することなどに加え、この踏切を2020年頃をめどに拡幅する方針であることが示されている。

 市街づくり総務課によると、踏切拡幅については今年4月から調査と設計段階に入り、具体的な工事計画が立てられるという。

「立体化」なども視野に

 しかし今回の改良指定では、幅の狭さではなく車や人の交通量の多さについて指摘された。同課は「今回の改良指定では、抜本的な改革を求められている。踏切を拡幅して歩行者の安全性が高まったとしても、交通量そのものは変わらず問題は解決しない。立体交差化なども視野に含め、鉄道会社と検討を進めなければならない」と話した。

大和版のトップニュース最新6件

駐輪場シェア企業と協定

大和市

駐輪場シェア企業と協定

2月16日号

交通事故、16年ぶり増加

2ペアが全国へ

大和ジュニアソフトテニスクラブ

2ペアが全国へ

2月9日号

救急出動、過去最多

大和市

救急出動、過去最多

2月9日号

地ビール業界に革新

メイクラフト株式会社

地ビール業界に革新

2月2日号

インフル 警報レベルに

大和市

インフル 警報レベルに

2月2日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

イコーザでジャズ

イコーザでジャズ

3月18日 申込制で入場無料

3月18日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク