大和版 掲載号:2017年2月17日号 エリアトップへ

火災は最少、救急は最多 2016年火災、救急出動件数

社会

掲載号:2017年2月17日号

  • LINE
  • hatena

 2016(平成28)年の市内の火災発生件数は32件で、現在記録が残る1965(昭和40)年以降、最少であることが、本紙の調べで分かった。一方で救急出動件数は1万1276件でこちらは過去最多だった。

 大和市消防本部によると、16年の火災件数は32件で15年より10件少なかった。15年も過去3番目に少ない件数だったが、16年はさらにそれを下回り、これまで最少だった1967(昭和42)年の33件を下回った。

 15年は、放火および放火の疑いが21件と最も多く、被害を大きくしていた。16年は、放火が6件と大幅に減少したことで、り災世帯や損害額も減少。損害額も火災件数同様、過去最少(814万4千円、これまでの最少は67年の916万3千円)となった。

 消防本部では「火災件数自体は全国的に減っているが、市内での減少は、毎夜行っている消防車両による防火・防犯パトロールやこれまでの市の施策(街頭防犯カメラの設置、ポイ捨て条例など)の浸透が一役買っているのでは」と話した。

 住宅用火災警報器の設置が義務化(新築は06年6月)から10年が経過しており、今後の火災予防の観点から「一度点検を」と促した。

5年連続出動件数1万件超搬送人員は初の1万人超え

 対照的に、増加の一途をたどるのが、救急出動件数。16年の出動件数は1万1276件で、これまで最多だった15年から479件増え、過去最多を更新。およそ46分に1台が出動したことになる。

 市内で出動件数が1万件を超えたのは、5年連続。搬送人員は15年より222人増え、1万90人となり、1964(昭和39)年以降の記録で、初めて1万人を超えた。

 種別では交通事故(前年比47件増)、労働災害(同17件増)、運動競技(同21件増)、一般負傷(同122件増)、急病(同244件増)などで増加した。

 一方、出動したものの不搬送も1242件(前年比247件増)と大幅に増加。市消防本部では、改めて適正な利用を呼びかけた。

大和版のトップニュース最新6

卓球の天皇杯に出場

大武篤史君(中学3年)

卓球の天皇杯に出場 スポーツ

1回戦は高校生と対戦

1月14日号

厚木基地に情報提供要望

大木市長

厚木基地に情報提供要望 社会

新型コロナ感染急拡大受け

1月14日号

企業「影響ある」約8割

原油高騰・半導体不足

企業「影響ある」約8割 経済

商議所が会員アンケート

1月7日号

2176人が新成人

1月10日成人式

2176人が新成人 社会

密を避け3部制で祝う

1月7日号

プロ野球選手の夢叶う

上和田在住 東保 輝(とうぼ ひかる)さん

プロ野球選手の夢叶う スポーツ

福島県の独立リーグに入団

1月1日号

柔軟に対応「大和モデル」

柔軟に対応「大和モデル」 社会

大木哲市長 新春インタビュー

1月1日号

積水ハウスの上質な建物を実感!

施主様のこだわりなど生の声も聴くことができる特別な見学会

https://www.sekisuihouse.co.jp/liaison/14/3110020010/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook