大和版 掲載号:2017年3月24日号 エリアトップへ

シリウス来館者 早くも100万人を突破 開館からわずか135日で

社会

掲載号:2017年3月24日号

  • LINE
  • hatena
くす玉を割り記念撮影をする大木市長(左)と甘粕さん一家
くす玉を割り記念撮影をする大木市長(左)と甘粕さん一家

 大和市文化創造拠点シリウスの来館者数が、開館から135日目にあたる3月17日に100万人を超えた。当日は記念式典が行われ、100万人目の来場者に記念品が贈呈された。

「嬉しい誤算」

 昨年11月3日に大和駅東側にオープンした文化創造拠点シリウスは、大和市立図書館、芸術文化ホール、生涯学習センター、屋内こども広場などから構成される文化複合施設。

 記念すべき100万人目の来館者となったのは、はじめて同拠点を訪れた藤沢市在住の甘粕晃夫さん(34歳)、千佳子さん(33歳)、一晴ちゃん(9カ月)の家族3人。1階のエントランスで行われた記念式典(同拠点指定管理者やまとみらい主催)では、大木哲市長から、芸術文化ホールで行われる公演のペア招待券やラウンジの利用券など、館内にちなんだ記念品が贈呈された。

 甘粕さんは「子どもが遊べる場所をインターネットで検索してシリウスを知り来館した。これから何十回と足を運びたい」と話した。

 大木市長は「これだけ多くの人に来館してもらえるとは正直思っておらず、嬉しい誤算。既存の図書館とは異なり、会話もできて『居場所』になるというコンセプトが受け入れられたのではないか」と述べた。

 シリウスへの来館者数はオープン当初から堅調に推移。年間目標来館者数を150万人に設定しているが、今年1月7日には来館者が50万人を超えていた。

出入口の装置で計測

 来館者の算出は、蔵書の不正持出防止のため出入口の5カ所に設置されている検知装置を利用。入場か退場かまでを区別してカウントできないため、総数を半分に割って「来館者数」としている。また顔認識などではないため、仮に同一人物が短時間に何度も出入りしても、そのたびに来館者としてカウントされる。
 

大和版のトップニュース最新6

今年も市民対象に販売

東京2020五輪チケット

今年も市民対象に販売 社会

申込み締切は4月23日(金)

4月9日号

「制度波及の手本に」

「制度波及の手本に」 社会

P(パートナー)S(シップ)“先輩”・駐蘭大使がエール

4月9日号

部長職に新任6人

大和市

部長職に新任6人 社会

4月1日付人事を発令

4月2日号

こどもの城がオープン

公私連携型施設

こどもの城がオープン 教育

子育て支援の拠点に

4月2日号

レンドルフが戴冠

レンドルフが戴冠 経済

行ってみたいお店大賞

3月26日号

救命の感謝、市民に還元

市内在住戸澤 章さん

救命の感謝、市民に還元 社会

 救急車購入費約3900万円を寄付

3月26日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク