大和版 掲載号:2017年11月24日号 エリアトップへ

大和南高女子バレー 有言実行で春高切符  県予選連覇、全国は14度目

スポーツ

掲載号:2017年11月24日号

  • LINE
  • hatena
4冠を達成した大和南女子バレー部
4冠を達成した大和南女子バレー部

 小田原アリーナで行われた第23回神奈川県高等学校バレーボール選手権大会で、県立大和南高校女子バレー部が2年連続9回目の優勝を飾り、14度目となる「春高バレー(第70回全日本バレーボール高等学校選手権大会)」出場を決めた。

負けなしで県4冠達成

 2回戦から登場し、順当に勝ち上がった大和南高。勝てば上位2校に与えられる「春高切符」を手にできる準決勝の星槎国際湘南高戦を快勝。序盤でつまづき、先行され、苦戦を強いられた前日の横浜隼人高戦の反省を活かし、難なく14度目の「春高」出場を決めた。

 一転して伊勢原高との決勝戦は、「春高を決めた」という安心感が、チームの動きを鈍くする。プレッシャーから解放されたチームは、またしても相手に先行される苦しい展開を強いられる。

 キャプテンの佐藤未羽さん(3年)は、新チームになった時、「新人戦」「国体予選」「インターハイ予選」「春高予選」すべて優勝の”4冠”を目標に掲げた。入学以来果たせていない目標が目の前に迫ったにも関わらず、もどかしい試合展開。井上和昭監督がたまらずタイムアウトを取った。

監督をセンターコートに

 「何してんだぁ!」

 試合中、どんなに悪い時でも怒らず、選手を激励する井上監督から大叱責が飛んだ。「本当に怒っていて、目が覚めた」(佐藤さん)。

 1セット目を逆転で取るとそのままストレートで勝利。終わってみれば1セットも落とさない完全優勝で目標の4冠を達成した。

 「井上監督をセンターコートに連れて行きたい」

 「春高」でのチームの目標は決まっている。1月4日から東京体育館で始まる春高バレー。センターコートに立てるのは上位4校のみ。厳しい戦いを制した大和南が、目標のため、全国の猛者に果敢に挑戦する。

大和版のトップニュース最新6

今年も市民対象に販売

東京2020五輪チケット

今年も市民対象に販売 社会

申込み締切は4月23日(金)

4月9日号

「制度波及の手本に」

「制度波及の手本に」 社会

P(パートナー)S(シップ)“先輩”・駐蘭大使がエール

4月9日号

部長職に新任6人

大和市

部長職に新任6人 社会

4月1日付人事を発令

4月2日号

こどもの城がオープン

公私連携型施設

こどもの城がオープン 教育

子育て支援の拠点に

4月2日号

レンドルフが戴冠

レンドルフが戴冠 経済

行ってみたいお店大賞

3月26日号

救命の感謝、市民に還元

市内在住戸澤 章さん

救命の感謝、市民に還元 社会

 救急車購入費約3900万円を寄付

3月26日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク