大和版 掲載号:2019年10月18日号 エリアトップへ

「いもだんご」は平和の味 反戦の思い次代に――平原久子さん

社会

掲載号:2019年10月18日号

  • LINE
  • hatena
自宅でいもだんごを作る平原さん
自宅でいもだんごを作る平原さん

 林間の平原久子さん(76)が10月20日(日)、渋谷学習センターIKOZAで開催される『戦争体験を聞く会』の一環で、戦中戦後によく食べたという「いもだんご」を作る。

※  ※

 1942(昭和17)年生まれの平原さんにとっていもだんごは「母がよく作ってくれた」懐かしい食べ物。当時は生のサツマイモをスライスし、むしろに敷き、乾燥させ、石臼で挽いて粉にし、水で溶き、丸め、蒸したり焼いたりして食べたという。「皮ごと作るから真っ黒でね。芋の角切りを入れて『鬼まんじゅう』にしたりして。甘くはないけれど、腹持ちすればよかった。今のは白玉粉を入れるので、柔らかくて美味しいですよ。当時食べたことのある人は懐かしがってくれます」と笑顔で話す。

 平原さんはこれまでも戦争体験会の場で水団(すいとん)などを作り、ふるまってきた。その度に脳裏にあるのは平和への願い。「子どもたちには、日本で食べるのに大変な時代があったこと、今でも世界には水団やいもだんごすら食べられない人がいることを知ってほしい。そして食べ物が手に入らなくなるような戦争を二度と起こさぬよう、今の平和を大切にして」と訴えた。

 『戦争体験を聞く会』は、8月に平和学習派遣で広島を訪れた小・中学生による報告会と戦争体験者による戦時中の生活や戦地での体験が語られる。午後1時30分から4時。先着100人。いもだんごづくりはIKOZAの調理室で午後0時30分から。定員は20人。どちらも入場無料。

 問合せは市国際・男女共同参画課【電話】046・260・5164。

耳たぶ位の柔らかさに練る
耳たぶ位の柔らかさに練る

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版のトップニュース最新6

新会頭に河西正彦氏

大和商工会議所

新会頭に河西正彦氏 経済

任期3年、「賑わいの創出めざす」

11月8日号

3周年華々しく

シリウス

3周年華々しく 社会

楠田枝里子さんら観客魅了

11月8日号

オリックスに佐藤一磨君

大和L(リトル)S(シニア)出身

オリックスに佐藤一磨君 スポーツ

ドラフト育成1位指名

11月1日号

辛うじて2部残留

大和シルフィード

辛うじて2部残留 スポーツ

8位で全日程を終了

11月1日号

大賞に宮崎花奈さん(つきみ野中3年)

第11回やまと子ども絵画大賞

大賞に宮崎花奈さん(つきみ野中3年) 文化

30日から笹倉版画Mで展示

10月25日号

令和の新風物詩に

大和JC

令和の新風物詩に 文化

26日(土)、一夜限りのイルミイベント

10月18日号

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

こども朝市も開催

こども朝市も開催

17日桜ヶ丘駅・金毘羅神社

11月17日~11月17日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月8日号

お問い合わせ

外部リンク