大和版 掲載号:2019年10月18日号 エリアトップへ

「いもだんご」は平和の味 反戦の思い次代に――平原久子さん

社会

掲載号:2019年10月18日号

  • LINE
  • hatena
自宅でいもだんごを作る平原さん
自宅でいもだんごを作る平原さん

 林間の平原久子さん(76)が10月20日(日)、渋谷学習センターIKOZAで開催される『戦争体験を聞く会』の一環で、戦中戦後によく食べたという「いもだんご」を作る。

※  ※

 1942(昭和17)年生まれの平原さんにとっていもだんごは「母がよく作ってくれた」懐かしい食べ物。当時は生のサツマイモをスライスし、むしろに敷き、乾燥させ、石臼で挽いて粉にし、水で溶き、丸め、蒸したり焼いたりして食べたという。「皮ごと作るから真っ黒でね。芋の角切りを入れて『鬼まんじゅう』にしたりして。甘くはないけれど、腹持ちすればよかった。今のは白玉粉を入れるので、柔らかくて美味しいですよ。当時食べたことのある人は懐かしがってくれます」と笑顔で話す。

 平原さんはこれまでも戦争体験会の場で水団(すいとん)などを作り、ふるまってきた。その度に脳裏にあるのは平和への願い。「子どもたちには、日本で食べるのに大変な時代があったこと、今でも世界には水団やいもだんごすら食べられない人がいることを知ってほしい。そして食べ物が手に入らなくなるような戦争を二度と起こさぬよう、今の平和を大切にして」と訴えた。

 『戦争体験を聞く会』は、8月に平和学習派遣で広島を訪れた小・中学生による報告会と戦争体験者による戦時中の生活や戦地での体験が語られる。午後1時30分から4時。先着100人。いもだんごづくりはIKOZAの調理室で午後0時30分から。定員は20人。どちらも入場無料。

 問合せは市国際・男女共同参画課【電話】046・260・5164。

耳たぶ位の柔らかさに練る
耳たぶ位の柔らかさに練る

大和版のトップニュース最新6

交通事故、減少傾向に

大和市内

交通事故、減少傾向に 経済

二輪車事故は増加

7月10日号

子どもに図書カード配布

コロナ対策

子どもに図書カード配布 経済

一人5千円分、対象は約3万7千人

7月10日号

ひとり親世帯に独自給付金

ひとり親世帯に独自給付金 社会

1世帯当たり2万円

7月3日号

第1は「難」を「避ける」

第1は「難」を「避ける」 社会

分散、「3密」回避念頭に

7月3日号

市独自給付金、締切を延期

県交付、大幅遅れ要因

市独自給付金、締切を延期 経済

県交付、大幅遅れ要因

6月26日号

シリウスは7月1日から

シリウスは7月1日から 文化

公共施設が順次再開

6月26日号

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク