大和版 掲載号:2020年5月22日号 エリアトップへ

拡大防止協力金 「県への申請 忘れずに」 市独自の上乗せ金に必須

経済

掲載号:2020年5月22日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、神奈川県が休業要請した事業者に対する給付金の申請締切が6月1日(月)に迫っている。大和市独自の「上乗せ金」は「県の給付金受給済」が前提条件のため、注意が必要だ。=19日起稿

締切は県6月1日、市30日

 神奈川県は国からの臨時交付金を財源に、4月24日から5月6日のいわゆるゴールデンウィーク期間中に、休業要請に応じ休業した事業者や営業時間を短縮した飲食店に10万円から最大30万円の給付を決定した。申請は4月24日から始まり、6月1日が締め切りとなっている。

 神奈川県の担当局によると、5月19日時点で申請件数は約28000件、交付は約1300件。申請から2〜3週間程度で交付の予定だったが、申請書類の不備や不足などが多数あり、思ったように交付が進んでいないのが現状だ。

 大和市独自の給付金は、県の申請が始まった4月24日に専決処分で決定、発表した。県の休業要請や営業時間短縮に応じた事業者に給付するもので、国の雇用調整助成金を利用した事業者に50

万円、それ以外の事業者に20万円を、県の協力金に上乗せして支給する。市内約1100事業所を対象に見込み、4億9000万円を計上した。

 こちらの申請はGW明けの5月7日から始まった。担当の市産業活性課では、市広報やホームページの他、大和商工会議所を通し、同所の全会員に告知するなど周知を図っている。多い日では1日30〜40件もの問合せがあるが、「県の協力金を給付された実績が申請条件」のため、19日時点で申請は数えるほどだという。

 市の協力金の締切は6月30日(火)。現時点で県は締め切りの延長は予定しておらず、交付も「スムーズにいけば2週間ほど」で可能と話す。また「各市と連携も取っており、仮に交付が7月になる場合は、市と調整を図り、県・市民が不利益を被らないよう配慮する」と約束した。

 県はすでに緊急事態宣言の期間延長を受け、協力金の第2弾として、5月7日から31日までの期間で20日以上休業した事業者(自主的に休業した事業者も対象)に対し、10万円を支給する第2次補正予算を決定。総額は125億円で、申請は第1弾協力金の締切り(6月1日)後、できるだけ早く開始したいという。

 主な問合せ/神奈川県産業労働局【電話】045・210・5550、大和市産業活性課【電話】046・260・5134 

大和版のトップニュース最新6

「県への申請 忘れずに」

拡大防止協力金

「県への申請 忘れずに」 経済

市独自の上乗せ金に必須

5月22日号

待機児童数 5年連続ゼロ

大和市

待機児童数 5年連続ゼロ 社会

保育所の整備を推進

5月22日号

成人式貢献賞を受賞

成人式貢献賞を受賞 社会

7年連続の栄誉

5月15日号

全国初 歯科医も協力

PCR検査

全国初 歯科医も協力 社会

市、医師会と運営支援協定

5月15日号

学校給食の野菜を販売

学校給食の野菜を販売 社会

イオン座間が生産者支援

5月8日号

県協力金に独自上乗せ

大和市

県協力金に独自上乗せ 経済

【Web限定記事】雇用維持に、最大50万円

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月22日号

お問い合わせ

外部リンク