大和版 掲載号:2021年2月19日号 エリアトップへ

協力金で「子ども弁当」 南林間の「吉日食堂 徳」

社会

掲載号:2021年2月19日号

  • LINE
  • hatena
古賀さんに弁当を渡す村津さん(右)
古賀さんに弁当を渡す村津さん(右)

 緊急事態宣言の再発令により、時短営業や休業要請を強いられる飲食店の中で、市内南林間で飲食店「吉日食堂 徳」を営む村津徳洋さんは、要請に協力して得られる協力金を活用し、ひとり親世帯の子ども達などのために弁当を無償で用意している。

 村津さんは、1月7日の緊急事態宣言後、時短営業を続けていたが、延長になった2月8日から店を休業。宣言期間中の土日を除く毎日、子どもたちのために弁当を10〜15食作っている。

 きっかけは、市内で子ども食堂「コアラ食堂」を運営する古賀智恵美さんとの出会い。

 古賀さんは、子ども食堂の活動に加え、昨年、コロナ下で貧困や孤食で苦しむひとり親家庭の子どもなどを対象に定期的に「思いやり弁当」を無料で配布。村津さんは、その調理を手伝った。

 思いやり弁当は、古賀さんからの「注文」に応じ、費用をもらっていた。今回は「協力金を頂いているので、何もしないよりは」と思い「シングルマザーや子どもがたくさんいる方の助けになるのならば」(津村さん)と、古賀さんに無償で思いやり弁当の提供を提案した。

 津村さんの提案を受けた古賀さんは、弁当を希望する家庭や放課後デイサービスなどを聞き取り、連日、手分けして弁当を届けている。

 津村さんは15年程前から中央林間で居酒屋を経営。一昨年、南林間に移転し、4月で丸2年になる。思いやり弁当については「喜んでもらえるのでやりがいになる」と笑顔を浮かべる。
 

大和版のトップニュース最新6

運営存続のためCF(クラウドファンディング)活用

コロナ下に 過去最大予算

コロナ下に 過去最大予算 経済

市税は前年比17億円減収

2月26日号

「緑十字銀賞」に大木さん

交通栄誉章

「緑十字銀賞」に大木さん 社会

交通指導員大和支部が優良団体に

2月19日号

協力金で「子ども弁当」

協力金で「子ども弁当」 社会

南林間の「吉日食堂 徳」

2月19日号

接種は「練馬区モデル」で

コロナワクチン

接種は「練馬区モデル」で 社会

個別と集団の2体制構築

2月12日号

「小児の在宅医療 担って」

「小児の在宅医療 担って」 社会

医師らに解説書無料配布

2月12日号

お葬式から樹木葬まで

地域で30年以上。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク