大和版 掲載号:2021年3月19日号 エリアトップへ

福祉に一役、手作りマスク 市社協の収益、1年で350万円に

社会

掲載号:2021年3月19日号

  • LINE
  • hatena
お気に入りのミシンで作業する鈴木さん
お気に入りのミシンで作業する鈴木さん

 コロナ禍でマスクの需要が高まる中、大和市社会福祉協議会(市社協)が昨年4月からボランティアの協力を得て制作・販売している手作りマスクの販売枚数が2万枚を超えた。材料費などの実費を差し引いた収益は350万円に上り、同会の地域福祉活動に役立てられている。

 6千枚作成「いい暇つぶし」鈴木さん

 ボランティアの一人、柳橋在住の鈴木敏子さん(72)は、昨年3月から1年間で延べ6000枚のマスクを作成。市場でマスクが不足していた時に手作りし、地域包括支援センターに持って行ったのがきっかけだった。

 洋裁学校に通っていたという鈴木さんは「ミシンを踏むのが好きだから、いい暇つぶし」とニコリ。裁断から縫い合わせ、アイロンかけまで1個作るのに20分ほど。型紙は、自分で作っては着けてを何回も繰り返して改良を重ねた。「ファッション感覚で、着る服に合わせて楽しんでもらえたら嬉しい」と話す。

こども食堂、福島にも寄附・稲田さん

 民生委員や社協の役員も務めるなど、地域のボランティア活動にも積極的に取り組む、福田在住の稲田ことさん(77)は、食糧品の寄附と一緒に手作りマスクを社協に届けている。

 これまでに作成したマスクは、社協に2000枚送ったほか、中央林間の喫茶「ウトロ」でも1000枚を販売。ウトロでの収益は、こども食堂や福島への寄附にあてている。「ウトロで取り組みを知って、生地を寄附してくれる人もいた。いろんな人との”つながり”でマスク作りを続けられている」と稲田さん。「買ってくれる人にも感謝」と涙をにじませた。

記念品、プレゼントにも

 手づくりマスクは大人用300円、子ども用100円で販売。新製品の手作りマスクケース300円も人気だ。取り扱い店は以下▼セブンイレブン大和東1丁目店、同大和鶴間1丁目店、横浜園大和駅ビル店、ミニストップ大和下鶴間店、下鶴間・鶴間駅前・南林間六・上草柳・南大和・相模大塚駅前・柳橋・桜ヶ丘・福田の各郵便局

 また、子ども会や自治会等の団体の記念品、プレゼント用に複数購入も可。パッケージに団体名を印字したシールを貼り渡してくれる=写真右。

 申し込み、問い合わせは、市社協【電話】046・260・5633。

工程別に袋にわけ制作を進める稲田さん
工程別に袋にわけ制作を進める稲田さん

大和版のトップニュース最新6

待機児童数 6年連続ゼロ

大和市

待機児童数 6年連続ゼロ 社会

保育所の整備を推進

5月7日号

「三密」避けて「三越(さんこし)」で

大和市社協

「三密」避けて「三越(さんこし)」で 社会

見守り訪問継続に一工夫

5月7日号

11月6・7日に延期

神奈川大和阿波おどり

11月6・7日に延期 文化

ぞめきは中止に

4月30日号

世界に発信、健康都市

世界に発信、健康都市 社会

シリウスの取組を紹介

4月30日号

専用封筒で発送スタート

ワクチン接種券

専用封筒で発送スタート 社会

接種予約は5月6日から

4月23日号

コンテストで全国1位

中央林間在住吉川さん

コンテストで全国1位 社会

応募総数564点の中から

4月23日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter