厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年10月30日号 エリアトップへ

明日までTobioギャラリーで写真展を開催している 山崎 俊博さん 厚木市棚沢在住 73歳

掲載号:2020年10月30日号

  • LINE
  • hatena

「素晴らしい場面を残したい」

 ○…10月31日(土)まで厚木市鳶尾のTobioギャラリー(鳶尾郵便局そば)で写真展を開催。同ギャラリーでは複数回実施しているが、今回は住んでいる棚沢やみはる野、鳶尾、荻野地区などで『秋』をテーマに撮影した17点を展示。「撮影した地域は自然が豊かで、歩いているだけで楽しい場所。作品を見て、地元のよさを再認識していただき、実際に散歩してもらえたらうれしい」と優しい笑み。

 ○…もともと鉄道ファンで乗ったり、模型を作ったりしていた。中学生の頃、より精密に模型を作りたいと父親のカメラを借り写真を撮るように。20歳でマイカメラを購入。世はSLが消え去ろうとしているとき。その姿を収めようと北海道から九州まで飛び回った。撮った作品を鉄道専門誌に投稿すると採用された。社会人になり被写体を街の風景等に変えカメラメーカー主催のフォトコンテストで入選。今も厚木市の広報写真コンクール入選など、作品は評価され続けている。

 ○…3人の息子は独立。現在は夫人と娘との3人暮らし。仕事で3年半中国に単身赴任していた時期もあり、子育てはほとんど夫人に任せきりだったといい、「本当に感謝しています」とはにかむ。実はTobioギャラリーに展示するきっかけも夫人の勧めで、いきなり展示用の額を購入してプレゼントしくれたのだとか。

 ○…「僕は写真の魅力は記録性だと思っています。家族写真は『このときはこんなだったね』と思い返せたり、『この時はこんな花が咲いていたんだね。今は咲かなくなってしまったけど』といった会話が生まれる」。芸術的なことはわからず感性で撮ってきた。「感性も年齢で変わるから。これからも自然体で撮っていきたい」。

雨漏れ、飛散、屋根修理

雨が漏った、屋根材が剥がれたなど困り事はアイネックスへ

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

又村 里実さん

国立新美術館で開催されているシャドーボックス展に出品中の

又村 里実さん

厚木市妻田西在住 

1月22日号

田中 里奈さん

日展で2度特選を受賞するなど木版画家として活躍中の

田中 里奈さん

厚木市森の里在住 39歳

1月15日号

熊坂 崇徳さん

1月1日付で公益社団法人厚木青年会議所の第53代理事長に就任した

熊坂 崇徳さん

愛川町中津在住 38歳

1月8日号

高木 勇人(はやと)さん

巨人・西武で活躍し新たに厚木を拠点に現役挑戦を続ける

高木 勇人(はやと)さん

厚木市在住 31歳

12月25日号

塩川 茂樹さん

先進eスポーツ研究センターのセンター長を務める

塩川 茂樹さん

神奈川工科大学情報ネットワーク・コミュニケーション学科教授 50歳

12月18日号

中島 滋さん

神奈川県自然保護功労者表彰を受けた

中島 滋さん

厚木市森の里在住 77歳

12月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月11日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク