青葉区版 掲載号:2011年3月24日号

横浜防災ライセンス

青葉連絡会を設立

地域と連携、防災意識向上に期待

ライセンス取得者40人ほどが参加した設立総会
ライセンス取得者40人ほどが参加した設立総会

 災害時に発電機などの防災資機材を取り扱える、市認定の「横浜防災ライセンス」取得者らが、今月11日、区内での連携を強化するために「青葉連絡会」の設立総会を開いた。同様の連絡会設立は市内18区中4番目となる。

 横浜防災ライセンスとは、地域の防災拠点に備わる防災資機材の取り扱い方法を学ぶ「資機材取り扱いリーダー講習会」の受講者に市が交付するもの。講習会は平成16年度から市内各区で年に1回開講。区内では174人のライセンス取得者がいる。

 11日に行われた設立総会では、ライセンス取得者をはじめ、岡田輝彦区長らも出席。池野正二さん(もみの木台在住)が会長に就任し、区総務課を事務局に置き活動していく。会員数は80人。

設立後の活動

 連絡会の主な活動として、連絡網作成などの会員同士の連携強化、ライセンス取得者らの地域防災活動への積極的参加の呼びかけ、区内会員の技術向上、新規リーダーの養成がある。

 これまでライセンス取得後の活動は個人に任せられ、技術活用の場が課題だった。区内39カ所ある地域防災拠点にはライセンス取得者がいない拠点もあり、更なる人材育成も求められる。

 連絡会では来年度、資機材取り扱い訓練会を4回開催。ライセンス取得者の技術維持と新規受講者の参加を見込んでいる。また、地域防災拠点の運営委員会との連携強化も図っていく。

 池野会長は「災害時は地域の連携が不可欠。連絡会が積極的に防災訓練に参加し、まずは存在を広めていくことが重要」と話す。
 

青葉区版のトップニュース最新6件

団地再生で共同事業体

横浜市とURなど5者

団地再生で共同事業体

1月19日号

県商店街大賞で特別賞

江田駅周辺商店会

県商店街大賞で特別賞

1月19日号

長島氏が出馬を表明

横浜市長選

長島氏が出馬を表明

1月12日号

出産、育児支え四半世紀

カンガルーの会

出産、育児支え四半世紀

1月12日号

観光ツアー  1000通り準備

黒岩知事インタビュー

観光ツアー 1000通り準備

1月5日号

将来に続く魅力のまちを

創立3周年イベント開催!

12/22(金)~24(日) お試し鍼灸・Butch試食会など盛りだくさん!

http://www.momo.yokohama

<PR>

関連記事(ベータ版)

青葉区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「ひみつきち」で集いを

「ひみつきち」で集いを

L&Lが交流の場づくり

12月3日~12月23日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ワイン知ろう&楽しもう

    青山 敦子 アカデミー・デュ・ヴァン講師

    ワイン知ろう&楽しもう

    第16回「ワインの顔色を見てあげましょう」

    12月7日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク