中原区版 掲載号:2017年3月10日号
  • googleplus
  • LINE

高齢者を支える川崎市の取組み

社会

地域包括ケアシステム

 団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になる2025年以降、さらに介護や医療の需要が高まることが予想されている。全国の自治体が取り組む「地域包括ケアシステム」は、子どもから高齢者、障害者までのすべての地域住民が安心して暮らしていけるよう、医療・介護・福祉・生活支援などが切れ目なく、一体的に行われる体制づくり。川崎市では同システムをより推進していくため、昨年4月に新部署「地域みまもり支援センター」を市内の各保健福祉センターに設置した。関係部署を集約したことで連携を強化し、一体的な地域づくりを進めている。

介護・福祉の相談窓口

 介護や福祉について知りたいときに手助けをしてくれるのが地域包括支援センター。川崎市から委託を受けた公的な相談窓口だ。

 同センターでは要支援1・2と認定された人および支援や介護が必要となる可能性が高いと判断された人のケアプラン作成などを行っている。中原区内には6カ所設置されている。

関連記事powered by weblio


中原区版のローカルニュース最新6件

中原区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク