中原区版 掲載号:2017年11月3日号
  • googleplus
  • LINE

中原小若生さん「自分の音を届けたい」学生音コン東京本選で奨励賞、全国大会へ

文化

全国大会に向け「今から楽しみ」と若生さん
全国大会に向け「今から楽しみ」と若生さん
 第71回全日本学生音楽コンクールの東京大会本選が10月15日、サントリーホールブルーローズ(東京都港区)で開催され、中原小4年の若生(わこう)麻理奈さんがバイオリン部門小学校の部で奨励賞を受賞した。

 同コンクールは1947年から続く歴史ある大会。当日は、予選を通過した22人の小学生が課題曲であるブルッフのバイオリン協奏曲第3楽章を演奏。若生さんは「すごい緊張した」と振り返るも、「いざステージに立つと楽しんで表現できた。たくさんの人に聞いてもらえて嬉しかった」と話す。1〜3位に次ぐ奨励賞については「嬉しいのと悔しいのが半々」と感想を話した。

 今回の奨励賞を受けて、若生さんは12月3日(日)に横浜みなとみらいホールで行われる全国大会への出場権を獲得。全国へ向けて「今回の大会よりもお客さんがいっぱい入るから楽しみ。自分の音をみんなに届けたい」と意気込みを見せる。

支える2人の力

 若生さんはバイオリニストである母・純子さんの影響で3歳からバイオリンを始めた。練習は毎日欠かさず、5時間を超えて特訓する時もあるそう。上達には、母・純子さんも指導を受けた、洗足学園音楽大学の教授である講師の水野佐知香さんの存在も大きいという。「先生は明るくて大好き。毎週のレッスンが楽しみ」と若生さんが話すと、純子さんも「先生だったから、娘がバイオリンをずっと続けていると思う」と話すほど。2人の支えを糧に全国では最高の音を奏でる。

講師の水野さんと
講師の水野さんと

ドコモでらくらくスマホ教室

スマホを持ってみたい人向けの参加無料の教室。メーカー専属の講師がやさしく解説

https://www.nttdocomo.co.jp/support/shop/search/shop.html?id=0300306888200

子ども達に「家庭」という環境を

家族と暮らせない子どものための「養育里親」説明会開催。NPO法人キーアセット

http://www.keyassetsnpo.jp/

<PR>

中原区版のローカルニュース最新6件

無料講演会を開催

11月17日㈮、三橋貴明さん講演

<PR>

中原区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク