大和版 掲載号:2017年5月5日号

新しく大和市イベント観光協会事務局長に就任した

鈴木 克則さん

市内中央林間在住 60歳

大和の「自慢」を共有・拡散

 ○…シリウスの建つ場所は、大和市で初めて再開発事業用地となった場所。事業の当初から市役所職員として携わり、市役所退職後、その2階が新しい職場になった。「運命的なものを感じる」とその偶然を喜んだ。文化だけでなく観光の発信拠点として期待がかかるシリウス。「今はシリウスそのものが注目されており、来街性を高める意味でも観光の一環になっている。今後は大和のちょっとした自慢を伝えられたら」とより積極的な情報発信を目指す。

 ○…生まれも育ちも中央林間。幼少の頃は文字通り林の間を走り回って過ごした。「林間学校みたいで嫌だったなぁ」と笑う。大学在学中、ふと「自身の支えとなる経験がない」ことが不安になり、経験を積むため、アルバイトを始める。その数、実に150種類以上。遺体の洗浄や高層ビルの清掃など、数だけでなく幅の広さにも驚かされる。その中で県営のキャンプ場で毎夏、住み込みで管理助手を行った経験が、大和市への奉職後の仕事に、大いに役立った。「自身が全体を理解するためのマニュアル作りが上手になりました」。この経験こそ、その後の人生の土台になっている。

 ○…約40年の市役所務めの中で、ノーベル賞を受賞した根岸英一氏との出会いは、最も印象深い出来事の一つ。限られた時間の中で、母校での食事や記念式典など、職員皆でセッティングした。「今までのノウハウを集中して活かせた」と振り返る。当時の緊張感と、心地よい達成感がひしひしと伝わってきた。

 ○…大好き、という山登りの延長線上で続けている趣味のウォーキング歴は30年以上。市内はもちろん県内で歩いていないところはない、と豪語するほど。「1日2万歩以上」を自らに課し、隠れた名所を探して歩く。「消費した以上に栄養取っちゃうから痩せなくて」と舌を出す。実は、定年後、「東海道五十三次を踏破する」のが夢だったが、しばらくお預けになった。

関連記事powered by weblio


大和版の人物風土記最新6件

小野 雅之さん

市内各地で健康講座を行う桜ヶ丘中央病院の理学療法士

小野 雅之さん

9月22日号

小林 仁さん

9月4日付で新しく大和警察署長に就任した

小林 仁さん

9月15日号

土屋 侯保(きみやす)さん

創立45周年を迎えた大和民謡舞踊連盟の会長を務める

土屋 侯保(きみやす)さん

9月8日号

石井 孝弘さん

災害時には情報収集や連絡などを担う大和アマチュア無線クラブの会長として活動する

石井 孝弘さん

9月1日号

野島 誠寛(よしひろ)さん

神奈川県行政書士会 大和・綾瀬支部の支部長に就任し、支部の活性化に取り組む

野島 誠寛(よしひろ)さん

8月25日号

千葉 康夫さん

バンコクに生息するオオトカゲの写真を撮り続け、シリウスで写真展を行った

千葉 康夫さん

8月4日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

好きな絵に「一票」

好きな絵に「一票」

29日から やまと国際アートフェスタ

9月29日~10月1日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月22日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク