神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
大和版 公開:2024年3月22日 エリアトップへ

「第19回大美展」を主催する大和美術協会で第5代会長を務める 明吉 美智子さん 上草柳在住 85歳

公開:2024年3月22日

  • X
  • LINE
  • hatena

やりたい事を、前向きに

 ○…3月22日から開かれている絵画作品の展示会「大美展」。大和美術協会の会員が描いた力作が並び、今は会長として準備に奔走している。就任したのは今年1月からで、「描く以上は大和市の芸術文化発展に少しでも貢献したい」と意気込む。展示会には自身が30号サイズのキャンバスに描いた作品も並び、題名は「想ふ」。作品の特徴を尋ねるも「観に来てからのお楽しみで」と、いたずらっぽく笑う。

 ○…本格的に絵を描くようになったのは中学1年から。「父が中学の入学祝いに油絵のセットを買ってくれて」。偶然にも近所に美大生が住んでいて、基礎はその人から教えてもらったという。「将来は絵描きになりたいね」と語り合ったことは良い思い出だ。高校・社会人になっても絵を描き続け、約24年前から大和美術協会に所属している。一度描き始めると止まらず、1日10時間以上描く日もあるそうだ。

 ○…横浜市鶴見区で生まれ育った。姉、弟、妹とは仲が良く、今でも定期的に会うほど。両親は「やりたい事を好きなように」と背中を押してくれ、絵を描くのも喜んでくれたという。高校卒業後はガラスメーカーに就職し、そこで出会った夫と26歳の時に結婚した。2人の子どもに恵まれ、今では親子で絵画やガラス細工などを展示する「OYAKO展」を毎年市内で開いている。

 ○…50代以降は「何度か病と闘ってきた」と打ち明ける。だが、決して暗い顔はせず「前向きに生きていく」と乗り越えてきた。その背景には30年以上続けている弓道の存在が大きいという。教士六段の腕前で「動じない精神力を養った」と力強い。今年で20回目を迎えるOYAKO展に向け「孫も交えて、親子3代で出展できたら」と、今後の楽しみを明かした。

大和版の人物風土記最新6

甲斐 茂男さん

小品盆栽愛好会の会長を務め、このほど「小品盆栽展」を開いた

甲斐 茂男さん

中央林間在住 82歳

4月19日

加藤 和也さん

4月1日付で大和市消防本部の消防長に着任した

加藤 和也さん

深見西在勤 59歳

4月12日

板庇(いたびさし) 一郎さん

昨年50周年を迎えた「宮下神輿会」の会長を務める

板庇(いたびさし) 一郎さん

深見在住 61歳

4月5日

下河辺 治美さん

「大和市肢体不自由児者父母の会」の会長を務める

下河辺 治美さん

福田在住 55歳

3月29日

明吉 美智子さん

「第19回大美展」を主催する大和美術協会で第5代会長を務める

明吉 美智子さん

上草柳在住 85歳

3月22日

清水 明義さん

一般財団法人東京マラソン財団主催のイベントでギネス記録を更新した

清水 明義さん

中央林間在住 69歳

3月15日

大和市で葬儀なら、地元「ふじみ式典」

地域顧客満足度NO.1店を目指す創業35年以上の葬儀社です。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

綾瀬で初公演

ロジェ・ワーグナー合唱団 好評発売中

綾瀬で初公演 大和市文化

心に響くゴスペルなど

4月28日~4月28日

大和版のイベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook