青葉区版 掲載号:2019年6月6日号 エリアトップへ

奈良地区社協 地域住民の体力測定 初の試みに40人

社会

掲載号:2019年6月6日号

  • LINE
  • hatena
2ステップテストをする参加者
2ステップテストをする参加者

 奈良地区社会福祉協議会(関根宏一会長)は5月28日、奈良中学校で地域住民向けの体力測定を行った。桐蔭横浜大学と青葉区役所が協力。同大によるとこうした連携した測定は初の試み。

 これは同大スポーツ健康政策学部助教の尾山裕介さんが、地域貢献や研究のために高齢者の体力測定ができないかと区に持ちかけたのがきっかけ。その後、奈良地区社協が主導することで実現に至った。尾山さんは「大学だけではなかなか地域に出られなかった」と話し、「健康状態を知ることがまず一つ。そこから普段の生活にどう運動を取り入れるかを考えてもらえれば。学生にもいい機会」。

 当日は奈良・すみよし台地区の高齢者世代を中心に37人が参加。同大3年生と4年生計10人が測定を行った。項目は下肢筋肉測定、握力測定、片足立ちのバランス測定、2ステップの距離測定、歩行能力測定の5つだった。

 すみよし台在住の女性(83)は「チェックしてもらうのは初めて」と話し、「身の回りのことは最後まで自分でやりたいので、こういう機会はありがたい」と満足気だった。

 関根会長は「こうした測定を通じて、いつまでも元気に過ごしてほしい。今後も定期的に行っていければ」と話していた。

青葉区版のローカルニュース最新6

「福祉に役立てて」

「福祉に役立てて」 社会

企業・個人が社協に寄付

6月30日号

日体大で脳死移植の授業

日体大で脳死移植の授業 教育

支援協会が講師に

6月30日号

入選作品を展示

あおば美術公募展

入選作品を展示 文化

7月9日から

6月30日号

地域ボランティア募集

地域ボランティア募集 教育

中高生対象

6月30日号

34団体のコーラス響く

34団体のコーラス響く 文化

7月2日、都筑公会堂で

6月30日号

ヘルスメイト食育パネル展

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

    『まぶたのできものが中々よくならず困っています』

    6月30日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第25回「親が教育者、身近なことから“今”を教えよう」

    6月30日号

  • 学校から見た運動部の地域移行

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉑

    学校から見た運動部の地域移行

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    6月23日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook