青葉区版 掲載号:2020年10月29日号 エリアトップへ

学生科学賞県作品展 知事賞に伊藤さん すすき野中は学校賞受賞

教育

掲載号:2020年10月29日号

  • LINE
  • hatena
県知事賞受賞の伊藤さん=下段左から2番目=と各賞受賞の生徒たち
県知事賞受賞の伊藤さん=下段左から2番目=と各賞受賞の生徒たち

 中高生を対象にした日本最高峰の科学コンクールとされる「日本学生科学賞」の神奈川県作品展の審査が10月8日に行われ、すすき野中2年の伊藤悠さんが最優秀賞にあたる県知事賞を受賞した。また、同校から5個人2グループが入賞し、最多受賞者を出した学校に贈られる学校賞も5年連続で受賞した。

 中高生が「物理」「化学」「生物」「地学、環境」の4分野での研究成果を発表する同賞。今年は新型コロナの影響で出品数は例年より少なめの124点。すすき野中は16作品を出品した。

 県知事賞を受賞した伊藤さんの作品名は「聖牛(ひじりうし)は本当に効果があるのかII」。聖牛は川の氾濫を防ぐために武田信玄が発案したとされ、木材を三角すいの形に組み上げ、水の勢いを弱めるために川沿いに設置するもの。伊藤さんは昨年も同じテーマで研究し、今年は川の深さを変えた場合の違いなどを何度も実験するなど規模を広げて再挑戦。昨年は全国で3等を受賞し、「今年は1つでも上を目指せたら」と準備を進めている。

 県科学教育振興委員会長賞受賞の三上真里奈さん(3年)は「トンボのトンボ返り」について研究。飛行性能を調べるためにビデオで撮影し、模型で空気の流れを探るなど研究を重ねた。「予想以上にトンボの羽の可動域が広くて面白かった」と感想を話した。

 そのほか、入賞にあたる県科学教育振興委員会賞を受賞した若谷楓さん(3年)は、温度や粘性の違いによる水中の泡の動きの変化を調べた。植松芳代さん、高橋璃沙子さん、大野桜さん(3年)の3人は、蜘蛛の糸がどの位の荷重に耐えられるか実験を重ねた。また、有竹涼さんと藤本朱音さん(3年)は「ゴーヤの苦み」について、苦みの元となる成分などを研究した。山田知佳さん(3年)は果物のキウイと虫の幼虫が互いに寄せつけない仕組みを研究。そして、井手田眞歩さん(2年)は、なめこのぬめりに血糖値を下げる効果があることを調べ上げた。渋谷莉央さん(3年)は、カメムシについて調べ上げ、臭いだけではない一面を発見した。同校の小林靖幸教諭は「コロナ禍で研究が難しかった部分もあるが、みんな頑張ってくれた」と生徒たちを労った。
 

青葉区版のトップニュース最新6

オンラインで復活

青葉区民マラソン

オンラインで復活 スポーツ

来年1月に開催決定

10月21日号

国学院大から2人が指名

ドラフト会議

国学院大から2人が指名 スポーツ

桐蔭横浜大からも1人

10月21日号

市認定のNPO法人に

県転倒予防医学研究会

市認定のNPO法人に 社会

高齢者の健康維持に尽力

10月14日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月14日号

陽性 半数近くが若年層

新型コロナ第5波

陽性 半数近くが若年層 社会

市、新プランで対策急ぐ

10月7日号

コロナ禍でも文化芸術を

コロナ禍でも文化芸術を 文化

鑑賞機会届けに奔走

10月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    10月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook