緑区版 掲載号:2020年4月9日号 エリアトップへ

起業支援拠点「まちなかbizみどり」の代表を務める 高岡 玲子さん 白山在住 46歳

掲載号:2020年4月9日号

  • LINE
  • hatena

”面白い”に貪欲であれ

 ○…中山で4月から本格稼働した起業支援拠点の運営を担う。隣の青葉区で盛り上がりを見せていたのは、地域の課題を”ビジネス”で解決することだった。その盛り上がりを肌でひしひしと感じたという。「ボランティアや趣味を支える拠点はある。でも、区内に起業を支える場所はない」と気が付いた。「作ってみたい」。そんな声に周りの仲間も共感。本格稼働へと約半年でこぎつけた。「何か始めたいと思っている人を本気で応援できる場にしたい」と語気を強めた。

 ○…広島県生まれ。子どもの時からピアノを始めた。高校時代には、バンドを組み、ドラマーとして活躍していた過去も。モットーは”面白いことには飛び込む”。劇団の団員募集の張り紙を見て、経験がないにも関わらず、飛び込んだこともある。「絵も好きで、デザインの専門学校にも進んだ。いろいろやっているから私の人生、書きにくいでしょ」と笑う。

 ○…結婚を機に広島を離れた。夫の仕事に合わせて、子育てをしながら、全国各地を転々とする日々を送る。誰とでも分け隔てなく接する性格で各地で友人を作ったという。緑区に来たのは5年前。好奇心旺盛な性格は変わらず、様々なイベントに積極的に参加。いつしか、自身もイベントを企画する側に。そこで、ボランティアの限界も感じた。「継続的に、何か大きなことをやるなら、ビジネスの要素も必要だと思う」と語った。

 ○…拠点での活動では経営者と会うことも多く、刺激の多い毎日を送っているという。現在は、経済や経営などの勉強も日々欠かさない。「日頃お世話になっている経営者の方々や、まちなかbizみどりを支えてくれる人に『成長したね』と言われたい」と向上心は尽きないようだ。

緑区版の人物風土記最新6

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜をシュウマイの聖地と位置づけ、その魅力を発信するシュウマイ研究家

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜国大出身 43歳

5月7日号

大石 洋一さん

障害のことを伝えるオンラインイベントを企画している

大石 洋一さん

十日市場町在住 52歳

4月29日号

根岸 あすみさん

まちプラの代表を務める

根岸 あすみさん

霧が丘在住 36歳

4月22日号

桐(きり) 洋生(ひろたか)さん

長津田地域ケアプラザの所長に着任した

桐(きり) 洋生(ひろたか)さん

青葉区在住 49歳

4月15日号

村尾 純(まこと)さん

4月1日に開所する山下地域ケアプラザの所長に着任する

村尾 純(まこと)さん

相模原市在住 50歳

4月1日号

久保田 且男さん

4月1日に緑公会堂の館長に就任する

久保田 且男さん

港南区在住 60歳

3月25日号

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter