神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
緑区版 公開:2024年7月4日 エリアトップへ

みどり「ひと・まち」スクールの修了生で、自宅カフェ「kiitos」を始めて10周年を迎えた 米田 弘子さん 鴨居在住 65歳

公開:2024年7月4日

  • X
  • LINE
  • hatena
米田 弘子さん

感謝も「膨らむ」パンづくり

 ○…フィンランド、デンマーク、スウェーデン。各地を巡り、現地のさまざまなパンについての見識を深めた。自宅の一角を一般に開放し、手作りパン販売&自宅カフェ「kiitos(キートス)」を始めて今年で10周年。自身が焼いた北欧風シナモンロールや米麴酵母食パンなど、数々のパンやお菓子が人気を博し、「食」だけでなく地域の人の交流の場としても定着している。「『美味しいね』と言われると、やってて良かったと感じる」。そうした喜びがスキルアップの原動力になっている。

 ○…大阪府出身。母が自宅でロールパンを焼くのを見て、目の前で生地からふっくらしたパンが焼き上がる「不思議」に「驚きがあった」のを今でも覚えている。大学卒業後、中学校で理科を教えた経験もあるほど科学に造詣が深く、パンについても「美味しいだけでなく、発酵が面白い。日々様子が違うんです」と声を弾ませる。

 ○…結婚後、子を授かってからは主婦として家庭を支えた。20代の頃、自身でもパンを焼いてみたが岩石のように固いパンができたという。「悔しくて、『絶対にパンづくりを習うぞ』と心に決めた」。現在でも吉祥寺のパン教室に通って研鑽を積んでいるほか、絵を描くことも好きで月に1度、川崎市内で水彩画を学んでいる。今後、パンなどの絵を描いて「ポストカードを作りたい」と構想している。

 ○…「kiitos」を始めて数年後、区が地域活動に携わる人材育成を目的に開く講座「みどり『ひと・まち』スクール」に参加。地域の人が気軽に立ち寄れる交流の場となれるよう、同店の活用の道を模索した。店名の由来は、フィンランド語で「ありがとう」。「家族の支えで続けられている。何をするにも感謝が先ですね」

緑区版の人物風土記最新6

長戸 はるみさん

国際ロータリー第2590地区のガバナーに7月に就任した

長戸 はるみさん

川崎市在住

7月18日

平田 恵介さん

横浜緑ロータリークラブの会長に就任した

平田 恵介さん

青葉区在住 58歳

7月11日

米田 弘子さん

みどり「ひと・まち」スクールの修了生で、自宅カフェ「kiitos」を始めて10周年を迎えた

米田 弘子さん

鴨居在住 65歳

7月4日

人首(ひとかべ) 美佳子さん

十日市場中学校を卒業したフルート奏者で「とてもにぎやかなコンサート」を企画した

人首(ひとかべ) 美佳子さん

港北区在住 38歳

6月27日

岡田 伸浩さん

(公財)横浜市観光協会の理事長を務める

岡田 伸浩さん

西区在勤 71歳

6月20日

井田 浩一さん

今月、創設40周年を迎える緑交響楽団の団長を務める

井田 浩一さん

川崎市在住 60歳

6月13日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月27日0:00更新

  • 1月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook