神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
緑区版 公開:2023年11月16日 エリアトップへ

12月3日、区内での木育イベントで講師を務める東洋英和女学院大学准教授の 三上 慧さん 東京都在住 40歳

公開:2023年11月16日

  • X
  • LINE
  • hatena

心に根付く 自然への畏敬

 ○…木の声を聞く。森に生命力の輝きを見る。その度に静かに、でも確かに心が震える。東洋英和女学院大学構内の森からも、そうした喜びを日々感じる。木との触れ合いから暮らしを考える「木育」を研究テーマにしたのは、自身にとって自然な選択だった。12月、同大構内で開かれる未就学児と保護者対象の「わくわく造形あそび」と題した木育イベントで講師を務める。枝葉や木の実などで自由に作品を創作するこの催し。「触れたものからも子どもの心は育つ。優しい人に育ってほしい」

 ○…秋田県に生まれ育った。幼い頃からものづくりが大好き。中学、高校では美術部で部長を務めながら創作に打ち込んだ。高校時代、木彫家だった恩師が木槌とのみで、体温さえ感じられるような人体を削り出していく姿に衝撃を受けた。「想像したものが形になることが面白い」。自身も木彫に夢中になり、筑波大学でも美術を専攻。同大の大学院で芸術学の博士号も取得した。

 ○…家庭では小学生の娘を育てる母親の顔。親譲りで、作品制作が好きな我が子を見守りながら「子どもの作品には、本人の成長が表れてくる。見ていて楽しいし、それが趣味かな」。個人では、自宅や埼玉県内のアトリエなどで創作を楽しむ。10年前には銀座で個展を開き、大小さまざまな木彫作品を展示したほか、近年も毎年作品展に出品を続けている。

 ○…「自分は木に育てられている気がする」。心の土壌に、自然への畏敬の念が根を張っている。現在、准教授として保育者を志す若者に造形表現などを教える日々。そうした自身については「学ぶ欲が強い」と自覚している。「学生や子どもからも学び続けたい。学んだことを通じて、社会に貢献できれば」

緑区版の人物風土記最新6

井田 浩一さん

今月、創設40周年を迎える緑交響楽団の団長を務める

井田 浩一さん

川崎市在住 60歳

6月13日

櫻井 奈穂さん

鴨居地区保健活動推進員会の会長で、緑ふれあいサロンの司会を務める

櫻井 奈穂さん

鴨居在住 63歳

6月6日

野武(のたけ) 重忠さん

ジョン万次郎のひ孫で、JBウインドバンドで指揮者を務める

野武(のたけ) 重忠さん

都内在住 82歳

5月30日

三遊亭ごはんつぶさん(本名:岸 れいじゅ(怜樹))

緑区出身の落語家で、関内ホールで開かれる寄席に出演する

三遊亭ごはんつぶさん(本名:岸 れいじゅ(怜樹))

都内在住 27歳

5月23日

加藤 武さん

5月18日に区内でチャリティーコンサートを開く「横浜を緑区から元気にする会」の代表を務める

加藤 武さん

台村町在住 72歳

5月16日

泉 紗代さん

十日市場町にある「いっぽ」で「手話のしゃべりば」を企画した

泉 紗代さん

長津田みなみ台在住 40歳

5月9日

あっとほーむデスク

  • 1月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook