港南区・栄区版 掲載号:2013年9月26日号
  • googleplus
  • LINE

区連会など三者 「学び舎ひまわり」開講 協働の地域づくりを推進

左から覚書を交わした大貫区長、高森会長、中野理事長
左から覚書を交わした大貫区長、高森会長、中野理事長
 港南区連合町内会長連絡協議会(区連会/高森政雄会長)と港南区役所(大貫一幸区長)、NPO法人「市民セクターよこはま」(中野しずよ理事長)の三者による協働事業として、地域で活動する区民と区職員が一緒に学ぶ、「学び舎(まなびや)ひまわり」が9月19日に開講した。

 学び舎ひまわりには、自治会町内会の会長・役員や民生委員・児童委員などの各種委嘱委員、ボランティアなど地域づくりに携わっている区民20人と、地区担当など地域づくりに携わる区職員10人が参加。講義や事例紹介、グループワーク、現地見学など全6回のプログラムを9月19日から来年2月まで行う。

 プログラムのコーディネートは地域運営支援で実績のある市民セクターよこはまが中心となって行う。区民と区職員が同じテーブルで学ぶことで、様々な経験やノウハウ、地域への思いを共有し、互いに協力をしながら地域の課題を解決する力を養うのが目的だ。加えて次世代の地域活動を担う区民や、地区担当としてキャリアの浅い職員も参加しており、人材育成の場としても期待されている。

 来年度以降も継続していく方針で、こういった学びの場を将来にわたって継続していくために、区連会と区役所、市民セクターよこはまの三者は学び舎ひまわりの開講に先立ち、区役所内で対等な関係で協働による地域づくりを進めるとした覚書と横浜市市民協働条例に基づいた協働契約を区役所内で締結した。区連会を含む三者での協働契約は市内でも初めてのケースだという。

 学び舎ひまわりの第1講は港南中央地域ケアプラザで実施された。一級建築士でまちづくりコーディネーターの山路清貴さんの講演後、地域別の大きな白地図を使い、施設や生活圏を確認しながら街のことを理解する作業を行った。

 学び舎ひまわりに参加した吉原南町内会の佐藤正市会長代行と、今年から地区担当となった区職員の黒川幸夫係長は街の理解と共に「顔見知りになれたことが大きい」と口を揃えた。

 校長を務める区連会の高森会長は「学び舎ひまわりが、地域のリーダー育成につながれば」と語ったほか、大貫一幸区長は「職員が区民と一緒に課題を考える場になれば」とそれぞれ大きな期待を示していた。

第1講は地域ごとに理解を深めた
第1講は地域ごとに理解を深めた

暑中お見舞い申し上げます

株式会社カナオリ 「かなっぺ」

とことん地元再発見!ちょっぴり参加型ウェブマガジン

https://kanape-yokohama.com/

横浜南青色申告会

個人で事業を営んでいる方、不動産を貸し付けている方に入会をお勧めいたします

http://yoko373aoiro.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

港南区・栄区版のトップニュース最新6件

避難計画 半数が未整備

洪水被害想定施設

避難計画 半数が未整備

7月26日号

高畠町で今夏公演へ

栄区劇団ぽかぽか

高畠町で今夏公演へ

7月26日号

友好都市と新たな交流模索

小菅ケ谷小が東日本大会へ

将棋文科大臣杯

小菅ケ谷小が東日本大会へ

7月19日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

将棋団体戦で東日本大会へ

南高附中

将棋団体戦で東日本大会へ

7月12日号

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク