港南区・栄区版 掲載号:2017年3月23日号 エリアトップへ

「田谷の洞窟」VRで後世へ 市民らが保存活動

社会

掲載号:2017年3月23日号

  • LINE
  • hatena
保存活動を進める田村さん(右)と渡辺副住職
保存活動を進める田村さん(右)と渡辺副住職

 栄区田谷町の定泉寺境内にある「田谷の洞窟」。豪雨などの影響から風化・劣化が進むこの洞窟を後世へ残そうと、市民と同寺が協力して洞窟内部を3DスキャンしてVR(仮想現実)データで保存する取り組みを進めている。

 この洞窟は、鎌倉時代から存在する真言密教の修業道場。全長約570mで複雑に入り組んだ構造となっており、内部の壁面には仏像や生き物、種字(梵字)曼荼羅などの模様が掘られ、横浜市の地域史跡として登録されている。

 保存活動は栄区飯島町出身の田村裕彦さんと、同寺の渡辺隆人副住職が協力して企画。建築設計事務所の代表を務める田村さんが2年前にこの洞窟の補修工事に携わった際に、同寺の総代から相談を受けたことをきっかけに始まった。

 内部は近年のゲリラ豪雨などの影響で壁面が剥がれ落ち、約800年の歴史を持つ遺構が少しずつ傷ついている。同寺ではこれまでにも補修を行ってきたが、複雑な構造のため技術面・予算面ともに維持管理は難しく、今後も洞窟の状態を保っていくことは困難な状況だという。

 そこで内部を3Dスキャンして洞窟の構造をVRデータとして保存することを考案した。まずは専門家などの意見を聞きながら内部を細かく調査し、必要な精度の3Dスキャンを行う計画だ。

 「小さい頃に来たことはあったが、改めて見ると高度な技術でできている。それがここまで保存されているのは貴重」と田村さん。VRデータ化することで、高齢者や体が不自由で洞窟に入りにくい人にも内部を見てもらえるようになることが期待できるという。

4月29日まで資金募る

 計画を実行するために田村さんたちは現在、120万円を目標にインターネットを使って資金を募るクラウドファンディングを行っている。4月29日(土)まで。

 渡辺副住職は「環境の変化などもあり風化は止められない。一度崩れたら元には戻せないので、なるべく早くデータとして後世へ残せれば」と話している。

 詳細や問い合わせは田村さん(【メール】tytamura2@nifty.com)まで。
 

港南区・栄区版のトップニュース最新6

端末でタクシー配車開始

DeNA

端末でタクシー配車開始 経済

市内3病院で実証実験

12月12日号

火災件数が昨年の倍に

港南区

火災件数が昨年の倍に 社会

消防署が注意を呼びかけ

12月12日号

中高生の文化作品ずらり

11日から

中高生の文化作品ずらり 文化

市民団体が発表の場企画

12月5日号

15年ぶりVへ、王手

横浜FM

15年ぶりVへ、王手 スポーツ

7日、日スタで最終節

12月5日号

冬の節電「楽しんで」

栄区役所

冬の節電「楽しんで」 社会

前年同月以下でプレゼント

11月28日号

マーチング2年ぶり全国へ

下野庭小

マーチング2年ぶり全国へ 文化

小編成で「金賞」目指す

11月28日号

脱プラへ 木製ストロー

横浜市

脱プラへ 木製ストロー 社会

推進めざし独自開発

11月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク