神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
宮前区版 公開:2024年2月9日 エリアトップへ

馬絹地区の生産者を代表して花桃を福田市長に寄贈した 吉田 恵一さん 馬絹在住 54歳

公開:2024年2月9日

  • X
  • LINE
  • hatena

馬絹の花桃の継承者

 ○…宮前区の伝統的な枝物として知られる「馬絹の花桃」。花を落とさず枝を折らないように束ねる「しおり」技術と、温度と湿度を高くした室と呼ばれる暗室に入れ、2、3分咲きになったところで出荷する匠の技が「関東屈指」と評される。桃の節句を前に、花卉(き)農家を代表して福田市長に花桃の枝の束を贈った。「馬絹地区が花卉の生産地であることを知ってもらいたい」と熱い思いを込める。

 ○…花卉農家の4代目。父・義一さんは、枝物の荷造り技術の第一人者で、川崎市が認定する「かわさきマイスター」だ。長男として幼いころから家業を継ぐものだと考えていたが、修行を始めたのはインテリアデザインの専門学校を卒業してから。父や先輩の技を見て覚え、自分なりに実践。2006年には、全国一を決める花卉展覧会で最高賞を受賞するなど、業界をけん引するまでに成長した。「一生懸命やってきたことが評価され、喜ばれることが喜び」とやりがいを語る。

 ○…出荷先の一つである大田市場では、首都圏の花卉生産者のまとめ役。馬絹地区では昨年から、生産者25人のトップに就任した。馬絹神社の氏子会の役員や消防団員としても活動する。「本業だけをやっていたいけど、地域と関わることも仕事の内」と自分に言い聞かせる。

 ○…2男1女に恵まれた。「自分のやりたいことを見つけてほしい」と家業を押し付けることはしない。米留学した娘と一緒に現地を旅行したことは「一生の思い出」。ダイビングライセンスも持ち、夏になれば海へ繰り出す。「仕事も遊びも全力」がモットー。目標は今も馬絹の花卉の普及に努めている父だ。「自分もできるだけ仕事を続け、伝統技術を若手に受け継いでいきたい」

宮前区版の人物風土記最新6

國富 多香子さん

「グリーフケアカフェあかりmâmâ」の共同代表で、初めて講演会を企画した

國富 多香子さん

中原区在住 49歳

2月23日

瀬川 祐輔さん

川崎フロンターレでミッドフィルダーを務める

瀬川 祐輔さん

横浜市在住 30歳

2月16日

吉田 恵一さん

馬絹地区の生産者を代表して花桃を福田市長に寄贈した

吉田 恵一さん

馬絹在住 54歳

2月9日

初音家 左橋さん(本名:鈴木宏和)

落語家で「ラゾーナ寄席」など多くのイベントに出演する

初音家 左橋さん(本名:鈴木宏和)

市内在住 68歳

2月2日

伊井 こころさん

宮前市民館青少年教室団体ブルースターの代表を務める

伊井 こころさん

宮前区在住

1月26日

萩原 明さん

春の七草セットを乗せた「宝船」を制作した

萩原 明さん

初山在住 83歳

1月19日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月23日0:00更新

  • 2月16日0:00更新

  • 2月9日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    コラム㊹専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

    『緑内障の気があると言われましたが、どういうことでしょうか?』

    2月23日

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook