町田版 掲載号:2011年12月15日号
  • googleplus
  • LINE

ヨーロッパ獣医病理学会で日本人4人目となるポスター賞を受賞した麻布大教授 斑目(まだらめ)広郎さん 玉川学園在住 54歳

つながりから 新たな研究を

 ○…世界中の研究者が集うヨーロッパ獣医病理学会が9月にスウェーデンで開催された。そこで研究を1枚のポスターにまとめて発表し、日本人で4人目となる「ポスター賞」を受賞した。当日、発表された研究は200ほど。その中で同賞に選ばれたのはわずか3人。思いがけない快挙に「大変ありがたいと思います」と謙虚な姿勢を見せる。動物の脳炎発症の仕組み解明の第1歩となる研究で、国際的な名誉に輝いた。

 ○…北海道苫小牧市出身。幼い頃から魚や鳥を飼い、昆虫採集が趣味だった。生き物への興味が北海道大学への進路を導いた。当時の病理学科の助教授と顔見知りだったことから、病理の道へ。そこで身体全体を支配する脳や神経系の研究に没頭した。博士号を取得後、北里大学(青森県)での勤務を経て、12年前からは麻布大学(相模原市)で教鞭をふるっている。

 ○…35歳のとき、JICAが支援するアフリカのザンビア大学に、教員として派遣を依頼される。すぐに快諾したものの、いざ行ってみると日本との違いに戸惑った。まず教科書が無く、テキストは自作。慣れない英語で、獣医の卵たちと格闘した。マラリアやエイズが蔓延するなど、決して良いとは言えない環境だったが「日本では絶対に出来ない経験をたくさんしました」。来夏に再訪を計画中だ。

 ○…今回受賞した研究は、スイスの大学との共同研究が発端。ザンビア大学でスイス人獣医師と出会ったことがきっかけだ。「人的なつながりが、大きな刺激になっていますね」。実体験から学生には「選択肢は多く持ってほしい」と助言する。自らの夢は「国際協力」。海の向こうに未知の研究対象を見つけ、現地に知識や技術を伝える。これまで自分を導いてくれた人との新たなつながりを求めて、再び旅に出る。
 

町田版の人物風土記最新6件

湯村 泰子さん

本紙で4コマ漫画「まち子におまかせ!」をスタートする元少女漫画家の

湯村 泰子さん

3月15日号

本田 亮さん

団地を舞台に行うイベントのアートワークを担当するイラストレーターの

本田 亮さん

3月8日号

石川 修司さん

2017年度プロレス大賞の最優秀タッグチーム賞を受賞した

石川 修司さん

3月1日号

佐藤 友義さん

造園業(株)ニワバンの創業者で、いずみ浄苑にローズガーデンを創った

佐藤 友義さん

2月15日号

杉山 大季さん

町田市で初開催のビジネスプランコンテストで大賞を受賞した

杉山 大季さん

2月8日号

酒井 美登さん

子どものころに聞いた懐かしい音を再現させているピアノ調律師の

酒井 美登さん

2月1日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

春季囲碁大会

春季囲碁大会

3月25日(日)正午スタート(11時半受付)

3月25日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク