町田版 掲載号:2012年4月19日号
  • googleplus
  • LINE

全国各地で活動を続けるエレクトーン奏者 鈴木 弥生さん 成瀬在住 29歳

無限大の音色広めたい

 ○…「本来関わることのないコラボ、共演する喜びを味わった。サッカーは日本代表選手少しくらいしか」と首を傾げる。毎年行われる川崎フロンターレの新体制発表会に伴ったコンサート。今年、初めてエレクトーンの演奏者として舞台に立った。1000人を超す観衆のほとんどがサッカーファン。「アウェイでした」。過去に、同じ音楽家にエレクトーンは『電子ピアノ』『キーボードの仲間』と言われ”アウェイ”を痛感、知名度の低さに寂しさを味わったこともあるが「素晴らしさを知って欲しい。いつかゼルビアさんにも声をかけて頂ければ」とにっこり。

 ○…エレクトーンを始めたのは4歳。限りない音色に魅了された。「様ざまな楽器の音や、ドラムのリズムなど、自分で考え一斉に奏でられるのが醍醐味」と目を輝かす。練習は自宅で毎日行い、半日鍵盤の前に座り音を作ることも。仕事にする厳しさを感じながらクラシックをメインに自らコンサートを企画して開催する。運搬や音響設備の仲間に感謝する一方で、「雷と停電が天敵。怖いです」。

 ○…高校時代は町田高校の旧家政科に所属。「あの頃はいつも服のことを考え、リメイクなども毎日していた」と懐かしむ。進路を決める高校3年の夏まで、服飾に進学するか悩んだ。担任の先生にエレクトーンが弾けなくなる不安を伝えると「音楽がやりたい証拠。音大に行きなさい」と言われ、昭和音大短期大学部電子オルガンコースへ。優しさのこもった”強制的”な恩師の言葉に「後悔をせずにすんだ」と微笑む。

 ○…今後は国内だけでなく、世界を視野に活動を広げていく。「待ってるだけでは何も始まらない」。昭和音大の卒業生の前で、初めて大学でエレクトーンコンサートも実現させた。「大きなコンクールの受賞者が有名な音大に通い、ピアニストやバイオリニストといった仕事につくと思っていた」。今は自らの音楽を届けたくて仕方がない。
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版の人物風土記最新6件

佐藤 友義さん

造園業(株)ニワバンの創業者で、いずみ浄苑にローズガーデンを創った

佐藤 友義さん

2月15日号

杉山 大季さん

町田市で初開催のビジネスプランコンテストで大賞を受賞した

杉山 大季さん

2月8日号

酒井 美登さん

子どものころに聞いた懐かしい音を再現させているピアノ調律師の

酒井 美登さん

2月1日号

小川 洋一さん

長泉寺の副住職で町田市仏教会の会長を務める

小川 洋一さん

1月25日号

鳥尾 匠海さん

第71回全日学生音楽コンクール全国大会で1位になった

鳥尾 匠海さん

1月18日号

三沢 亮介さん

町田青年会議所の第51代理事長に就任した

三沢 亮介さん

1月11日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク