町田版 掲載号:2012年5月24日号
  • googleplus
  • LINE

町田市民踊親和会の会長を務める 原田 律子さん 忠生在住 71歳

”和”を重んじ伝統守る

 ○…創立44年、会員600人の歴史ある会を8代目会長としてまとめる。会の中でも日本舞踊、新舞踊、民謡舞踊、うたなど、様々な領域があるが「根本は同じ。同じ方向に刺激し合いながら進むだけ」。年に1度開催する「チャリティーショウ」を今年も5月に開催。平日にも関わらず町田市民ホールは800人の来場者でいっぱいに。「初めて観る方も大勢で、募金も総額15万円集まった。嬉しい限り」。大盛況の翌日には1年後の準備を始めた。

 ○…東京都北区出身。親戚の影響で小学校1年生から日本舞踊を始めたが、3年生でバレエに転向し、小学校卒業まで続けた。「当時は戦後で世の中がやっと落ち着き、周囲でバレエを習う子が多かった。それにバレエは若い頃しかできないし」とにっこり。結婚を機に町田へ引っ越し、近所の友人と盆踊りを習おうと町内の教室へ。それがきっかけとなり1974年、再び舞踊を始めようと会の一員になった。現在は会長を務める傍らで菊勢会の先生として週3回教室を行う。「私も教わっていた立場。長続きしない性格なのに、よく飽きずにやっているわ」と冗談交じりに振り返る。

 ○…会員同士で町田市民ホールにコンサートや舞台などに足を運ぶのが楽しみ。「最近は梅沢富美男さんを見に行った。勉強になる」と微笑む。また北海道から沖縄まで、皆で日本各地を旅するという。会結束の秘訣は「踊り以外でも楽しむこと。あまり堅苦しく会のことだけを考えたらつまらない。仲良しが一番」

 ○…来年は創立45周年と共に、チャリティーショウも35回目を迎える節目の年。大がかりなものにしようと会員で協力しあい、踊りやうたなど、すでに企画を持ち寄っている。「毎年行うものとは一味違った舞台を作りたい」と意気込む。会を守る責任を感じつつも「敷居が高くて入りにくいということはしたくない」。和やかな雰囲気を大切に誰でも親しめるように励む。
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版の人物風土記最新6件

佐藤 友義さん

造園業(株)ニワバンの創業者で、いずみ浄苑にローズガーデンを創った

佐藤 友義さん

2月15日号

杉山 大季さん

町田市で初開催のビジネスプランコンテストで大賞を受賞した

杉山 大季さん

2月8日号

酒井 美登さん

子どものころに聞いた懐かしい音を再現させているピアノ調律師の

酒井 美登さん

2月1日号

小川 洋一さん

長泉寺の副住職で町田市仏教会の会長を務める

小川 洋一さん

1月25日号

鳥尾 匠海さん

第71回全日学生音楽コンクール全国大会で1位になった

鳥尾 匠海さん

1月18日号

三沢 亮介さん

町田青年会議所の第51代理事長に就任した

三沢 亮介さん

1月11日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク