町田版 掲載号:2015年8月20日号 エリアトップへ

町田市観光コンベンション協会の会長に就任した 小島 政孝さん 小野路町在住 65歳

掲載号:2015年8月20日号

  • LINE
  • hatena

回遊型で町田の魅力を発信

 ○…「観光には2つの要素がある」という。昔からあったものを活かすこと、そして新しいものを創ること。「家にある古い写真や品物なども重要な観光資源」と、町田市観光コンベンション協会の仕事とは離れて、それらの資源を保護するために活動もしている。「昔の風景ってとても大切でしょ。数十年前の風景だって、数十年後したらとても貴重な資料になる。そういうものを整理して保存していかないとね」

 ○…子どものころ、マンガに書いてあることは全てウソだと思っていた。「赤胴鈴之助の時代。近藤勇も架空の人物だと信じていた」と笑う。幕末から明治にかけて活躍した4代前の小島鹿之助の時代、4歳年下だった近藤勇は、鹿之助を頼ってよく小野路村に来ていた。当時のことは詳細に日記に書かれ、また往復書簡など歴史的な資料を多く保存されている。1968(昭和43)年、これらの貴重な資料を保存しようと小島資料館が完成した。「膨大な資料をコツコツと整理解読しています」と独自に幕末から明治・大正・昭和の歴史をひも解いている。

 ○…「町田は『通り過ぎてしまう街』になってはダメ」と強調する。「車で素通りしただけでは分からない、もっと魅力的な街になれば」と願う。豊かな自然や貴重な歴史を活用する方策を考える。「鎌倉街道など自然と歴史が一帯となっているところもある。整備して安心して歩けるようになると、それだけでも大切な観光資源になる」と話す。「回遊できる街になってほしいな」と各地で違う表情を見せる町田を、それぞれで魅力があり人を引き付けるようなものができればという。

 ○…「人が集まれる場所も必要」。町田駅そばにある旧庁舎跡の『シバヒロ』もその一つ。「皆さんの英知を集めて、人が集まる場所、イベントを創り出していきたい。町田にはそれができるパワーが絶対にあるからね」

南多摩斎場見学&懐石ランチ試食

懐石ランチ無料。香典返し試食や新茶・旬の野菜プレゼントなど嬉しい内容盛り沢山

https://www.toresere.com/

<PR>

町田版の人物風土記最新6

渡辺 文久さん

町田産ブドウでワインをつくるプロジェクトを始めた

渡辺 文久さん

玉川学園在住 54歳 

4月15日号

福島 章恭(あきやす)さん

指揮者として4月17日に杜のホール橋本(相模原)でコンサートを開く

福島 章恭(あきやす)さん

成瀬が丘在住 58歳

4月8日号

庄司 光里(みさと)さん

4月5日(月)まで町田パリオで木版画展を開く

庄司 光里(みさと)さん

成瀬在住 46歳 

4月1日号

毛利 元亮(げんすけ)さん

Fリーグでチーム(ペスカドーラ町田)初の新人賞を獲得した

毛利 元亮(げんすけ)さん

茅ヶ崎市在住 19歳

3月25日号

永井 ゆずりさん

草木染や藍染作家として市内の古民家で初めての展示会を開く

永井 ゆずりさん

 鶴川在住 

3月18日号

大塚 治之さん

「ズーラシアンブラス」の生みの親

大塚 治之さん

町田市在住 59歳

3月11日号

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter