町田版 掲載号:2017年3月9日号
  • googleplus
  • LINE

町田の郷土芸能をイラスト・キャラクター化した 名取 玲子さん 原町田在住

好きな町を自分のキャラで

 ○…獅子舞やお囃子のお面が「落書きのように」一本の線で”ゆるい”タッチで描かれる。敷居の高い郷土芸能の間口を広げて、伝統をつなぐ役目を背負った。「なにこれ、かわいい」。そんなほめ言葉が胸に響く。『親しみやすさ』に力を入れた。これまでも観光コンベンション協会や商工会議所などから地元・町田をPRする仕事を請け負った。「桜巡りガイド」をデザインしたり、挿絵を描いたり。サンリオ世代。自分のキャラクターが世に出回る事がしてみたいと思っていた。ここ10年くらいで自分の描いたものが形になってきた。

 ○…創作活動が好き。絵画や工作だけでなく「料理や洋服選びなども私にとっては一緒」。大学で、形があるものすべてにデザインがあることを知る。平面もあれば、立体も。広く浅く学べたのが良かったと振り返る。学生時代は部活でテニスに明け暮れた。「スポーツも表現のひとつ。無駄なことは何もない。こうしたいという意思が大事」と話す。自身が発案・製作した「読んだらノート」や「わたし図書館」などの商品が、ツーリストギャラリーや東急ハンズ町田店で取り扱われた。「まだ趣味の粋を脱していないけど、いつか全国区になるキャラや商品が作れたらいいな」

 ○…相模原市出身。結婚を機に町田に。嫁ぎ先は創業70年、老舗の印刷屋の3代目。年2回、旦那さんとその大学の友人たちと福島でのキャンプを楽しんでいる。「土・日にお店を閉めていても仕事は続く。だからGWとお盆は思いっきりリフレッシュするの」

 ○…「町の小さな印刷屋なので行動範囲が狭い。生活と仕事が一緒。でも好きな町なので」。桜巡りガイドの撮影で市内に出かけて新たな発見をした。団体により顔や登場人物がそれぞれ違う獅子舞も、地元にいながら知らなかった。「そういう人も多いはず。このイラストが興味を持つ入り口になれば。少なくとも私一人は増えたでしょ」と笑う。

町田版の人物風土記最新6件

佐藤 友義さん

造園業(株)ニワバンの創業者で、いずみ浄苑にローズガーデンを創った

佐藤 友義さん

2月15日号

杉山 大季さん

町田市で初開催のビジネスプランコンテストで大賞を受賞した

杉山 大季さん

2月8日号

酒井 美登さん

子どものころに聞いた懐かしい音を再現させているピアノ調律師の

酒井 美登さん

2月1日号

小川 洋一さん

長泉寺の副住職で町田市仏教会の会長を務める

小川 洋一さん

1月25日号

鳥尾 匠海さん

第71回全日学生音楽コンクール全国大会で1位になった

鳥尾 匠海さん

1月18日号

三沢 亮介さん

町田青年会議所の第51代理事長に就任した

三沢 亮介さん

1月11日号

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

今、求められる学力とは

参加費無料

今、求められる学力とは

地域教育サポーター入門講座

2月27日~3月16日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク