町田版 掲載号:2018年2月15日号
  • googleplus
  • LINE

造園業(株)ニワバンの創業者で、いずみ浄苑にローズガーデンを創った 佐藤 友義さん 野津田町在住 72歳

究極の癒やし生む庭師

 ○…町田で造園一筋50年。小山内裏公園やカリヨン広場の花壇、町田ターミナルロードの製作・整備などに携わり、町田シルクメロンの開発にも関わった。このほど「樹木葬」が特徴のいずみ浄苑に新設されたローズガーデンを手掛けた。桜、新緑、紅葉。ここにバラが加わることで、かねてより描いていた、四季折々、一年を通して色彩豊かな植物に囲まれる構想が叶う。

 ○…「造園のことなら誰にも負けない」。柔和な表情の中に強い自負を込める。好景気のさなか、自身の会社は東京都や国、URなど公共事業や大きな公園事業を手掛けるように。めきめきと実績を伸ばし、40代半ばの頃には、大阪の「花と緑の博覧会」での日本庭園の部大賞や、園芸文化賞を受賞した。しかし、「大きな事業ばかり狙いすぎた。調子に乗っていたんだね」。バブル崩壊による大打撃を受け、泣く泣く廃業することに。しかし「公共事業から離れる良いきっかけだったのかも」と一念発起。「これで、やりたかった設計ができる」と新会社を立ち上げ、街づくり事業や庭造りの仕事に励んだ。いずみ浄苑も再起を後押ししてくれた”恩人”だ。先代から、もう25年の付き合いになる。

 ○…「米どころ」新潟の農家に生まれた6人兄弟の末っ子。高校進学を機に上京し、日中、アルバイトをしながら夜間学校の学費を稼いだ。「農家のDNA」からか、自然の流れで東京農業大学に進み、日本全国の農業を学んだ。そこで「造園」に巡り合った。それからは、やりたいことに向かって一直線。

 ○…一人娘は嫁いでいき、今は奥さんと二人暮らし。身体を動かす仕事だからか、これまで大きな病気はしていない。「いつも植物に囲まれて癒されているから、健康そのもの。木から落ちてケガをしたくらいかな」と頬をほころばす。これからも庭造りを極めたいという。「理想の庭を、『これだ』という作品を残したいんだ」と目を輝かせ、語る。

町田版の人物風土記最新6件

石坂 史朗さん

7月20日(金)、鶴川でブルガリア民族音楽の公演を主催する

石坂 史朗さん

7月19日号

秋田 文範さん

安全寺の住職で6月に町田市仏教会の会長に就任した

秋田 文範さん

7月5日号

大坂 美紗子さん

7月8日(日)、町田市民フォーラムの優秀な若手3人コンサートに出演する

大坂 美紗子さん

6月28日号

大友 健寿さん

元選手で初めて社員から株式会社ゼルビアの取締役社長に就任した

大友 健寿さん

6月21日号

滝本 沙奈さん

地元情報を発信するイッツコムの新番組「サタデーイッツコム」でMCを務める

滝本 沙奈さん

6月14日号

新藤 博さん

町田消防署の署長に就任した

新藤 博さん

6月7日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

半分…全部、青い。

半分…全部、青い。

ギャラリーウエアミー

7月16日~8月4日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク