町田版 掲載号:2019年6月6日号 エリアトップへ

町田市立博物館より42 戯画の名手 歌川国芳ってすごい 学芸員 今井 圭介

掲載号:2019年6月6日号

  • LINE
  • hatena
歌川国芳「みかけはこわいがとんだいい人だ」町田市立博物館蔵
歌川国芳「みかけはこわいがとんだいい人だ」町田市立博物館蔵

 ギョロリと睨むまなこに歪んだ口元、背を屈め、手をつきだすこの人物。その恐ろしげな顔は見るものの目を釘づけにしてしまうことでしょう。「あぁ、なんてこわい形相だ」思わずそうつぶやかずにはいられません。

 でも待って!視線をそらさず、目を凝らしてみてください。あぐらをかいた太い鼻、眉がしらを寄せたいびつな額、すべてひとがなりすましているのがお分かりですか。

 そう、この人物は大勢のひとが集められ描かれているのです。これは戯画・風刺画とされる浮世絵の中の「寄せ絵」といわれるものです。作者の歌川(一勇斎)国芳は戯画・風刺画の名手と評された絵師でした。初代歌川豊国の門をくぐり「武者絵の国芳」として本格的に浮世絵界に登場してきた国芳は風景画や美人画などあらゆるジャンルに筆をふるいました。中でも個性を発揮させたのが戯画・風刺画でした。当館所蔵の作品は「のらくろ」や「蛸の八っちゃん」などで知られる漫画家の田河水泡さんより寄贈されたもので、当館の所蔵品の中でも人気の高い一点です。

 現在、開催中の「町田市立博物館最終展」で展示中ですので、ぜひ実物をご覧にお越しください。
 

町田版のコラム最新6

宮司の徒然 其の75

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の75

4月29日号

宮司の徒然 其の74

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の74

4月15日号

桜の次は新茶の季節

志野織部 草花文茶入

桜の次は新茶の季節

協力:泰巖歴史美術館【電話】042-726-1177

4月8日号

宮司の徒然 其の73

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の73

4月8日号

今も昔も桜の下で盛り上がる

吉野山御詠歌百首

今も昔も桜の下で盛り上がる

協力:泰巖歴史美術館【電話】042-726-1177

3月4日号

宮司の徒然 其の72

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の72

3月4日号

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter