町田版 掲載号:2021年4月1日号 エリアトップへ

4月5日(月)まで町田パリオで木版画展を開く 庄司 光里(みさと)さん 成瀬在住 46歳 

掲載号:2021年4月1日号

  • LINE
  • hatena

旅する気分を味わって

 ○…伝統木版の手法を用い、和紙やバレンなど昔ながらの素材を使って一版彫りという新しい版画スタイルが持ち味。水彩の多色刷りはどこか懐かしい雰囲気を醸し出す。それは幼少の記憶であったり、いつか見た思い出の風景かもしれない。「自粛が続く中、絵を見て旅する気分を味わってもらえたら」と11歳で移り住んだ町田で開く個展への思いを語る。

 ○…小さなころは木に登り、実を採ったり、自然の中で遊ぶことが多かった。一方で絵を描くことが好きで、幼稚園の年長のときにコンクールで賞をもらった記憶もある。高校で美術部に入ると、そこで生涯の恩師に出会う。様ざまな経験をするよう助言され、掛け持ちしたダンス部では副部長も務めた。「美術は生きる力。決断力や物を見る目を養いなさい」という恩師の言葉は人生の指針になっている。

 ○…多摩美術大学へ進学したのを機に、油絵から版画の世界へ。色を重ね合わせ、割と自由に作品づくりができる版画に魅力を感じた。同じ大学出身で作家の夫とは互いの作品への感想を話し、ときに助言も求め合える関係。10歳の娘も絵を描くことを好み、二人で並んで作品づくりに没頭することも。「娘は途中で何か言われるのが嫌みたい。完成するまで見せないところは自分に似ているかな」とほほ笑む。

 ○…活動の傍ら、版画の魅力を伝えたいと市内の小学校などで教えている。版画の楽しさは刷り上がったときの感動。版木に紙を重ね、それを開く瞬間にはいつもわくわくと胸が高まる。「子どもたちの作品から力をもらっています」。作品づくりに行き詰ったときは少し足を延ばして出かける。自然の中で優しさに包まれるように、自分の作品が誰かの心のよりどころになれたら嬉しい。

町田版の人物風土記最新6

福島 章恭(あきやす)さん

指揮者として4月17日に杜のホール橋本(相模原)でコンサートを開く

福島 章恭(あきやす)さん

成瀬が丘在住 58歳

4月8日号

庄司 光里(みさと)さん

4月5日(月)まで町田パリオで木版画展を開く

庄司 光里(みさと)さん

成瀬在住 46歳 

4月1日号

毛利 元亮(げんすけ)さん

Fリーグでチーム(ペスカドーラ町田)初の新人賞を獲得した

毛利 元亮(げんすけ)さん

茅ヶ崎市在住 19歳

3月25日号

永井 ゆずりさん

草木染や藍染作家として市内の古民家で初めての展示会を開く

永井 ゆずりさん

 鶴川在住 

3月18日号

大塚 治之さん

「ズーラシアンブラス」の生みの親

大塚 治之さん

町田市在住 59歳

3月11日号

高野(こうの) 菜々さん

令和2年度文化庁芸術祭賞の演劇部門新人賞を受賞した

高野(こうの) 菜々さん

 都内在住 31歳 

3月4日号

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク