町田版 掲載号:2022年1月20日号 エリアトップへ

玉川学園・南大谷地区 住民主導で空き家活用 多世代交流の場に

社会

掲載号:2022年1月20日号

  • LINE
  • hatena
まちの縁側に座る(左から)秋田さん、木村さん、翁さん
まちの縁側に座る(左から)秋田さん、木村さん、翁さん

 玉川学園・南大谷地区の住民主導で進む空き家対策として、「まちの縁側 1丁目の加々美さんち」が注目を集めている。貸主から提供された空き家をレンタルスペースとして運用し、多世代交流の場を増やす試みだ。

 運営の主体となるのは、NPO法人玉川学園地区まちづくりの会の「地域資源活性化プロジェクト」。同会は2004年の大規模マンション建設をきっかけに発足した、地元住民目線で住環境の整備について活動する市民団体だ。近年、空き家が増加する同地区で活用方法を模索しながら、同プロジェクトを立ち上げた。

 「空き家の何が問題なのか。持ち主の負担や近隣住民の不安などを知ってもらい、空き家にしないための意識を地域で共有できないかと考えた」と話すのは、同会で代表を務める一級建築士の木村真理子さん(67)。木村さんは昨年、コロナ下でもできることを、と「まちかどとっきどっき通信」と題した啓発紙を企画・発行。すると、読者から賛同者が現れ、今回の活用物件が決まった。掃除やペンキ塗りなどの内装リフォームも住民参加のワークショップとして開催。手作りで少しずつ進め、昨年7月に開設した。

 プロジェクトの主要メンバーで加々美さんちの運営を担当する翁真由美さん(41)は「先日参加してくださった方に声をかけると、2年前に引っ越してきて、初めて近所の人と話したという人もいらした。空き家活用が、知り合いづくりのきっかけになれば嬉しい」と話す。

 同じくメンバーの秋田史津香さん(41)は、今後の展望について「コロナが落ち着けば、子ども食堂やカフェなど、飲食もできるようなイベントを開催していきたい」と話した。

 啓発紙の発行や空き家活用などのこれらの事業に加え、多世代交流が目的のもう一つの事業として「ご近所さん会 お庭カフェ」も開かれている。これは、町内会や、地区社会福祉協議会、第三高齢者支援センターなどが連携しており、事業は全て、玉川学園・南大谷地区協議会(服部知行代表)が資金を援助している。

町田版のトップニュース最新6

お買い物バス、出発

忠生2丁目

お買い物バス、出発 社会

地域連携で定期運行開始

5月26日号

3市連携が国事業に

町田市

3市連携が国事業に 社会

相模原・八王子と圏域調査

5月26日号

地元の魅力載る冊子作成

桜美林学園中学3年生

地元の魅力載る冊子作成 教育

生徒取材に地域、市が協力

5月19日号

未来の町田をマイクラで

町田JC

未来の町田をマイクラで 社会

初企画、児童が街を創造

5月19日号

まちだ感謝祭を初企画

FC町田ゼルビア

まちだ感謝祭を初企画 スポーツ

5月15日、「家族」テーマに

5月12日号

約20年ぶり、茶室に「息吹」

鶴川虚心亭

約20年ぶり、茶室に「息吹」 文化

「文化遺産に」2年かけ整備

5月12日号

あっとほーむデスク

  • 5月26日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    3月24日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook