町田版 掲載号:2022年6月2日号 エリアトップへ

織田信忠書状 雨でも楽しく 泰巖歴史美術館【電話】042-726-1177

掲載号:2022年6月2日号

  • LINE
  • hatena

 今年も梅雨の季節がやってきました。この時期に手放せないものといえば、やっぱり傘でしょう。傘の歴史は古く奈良・平安時代には日本にも存在していて、鎌倉・室町時代には上流の貴族や武士が日除け・雨除けのために使っていました。

 こちらは織田信長の息子・信忠の手紙。いつものように唐笠が届いたことを喜び、ずっと残しておきたいと感謝しています。頭にかぶるものを「笠」と呼んで差す「傘」と区別しますが、柄(から)がついている和傘を「からかさ」と呼ぶので、柄のついた傘を贈られたのでしょう。傘をもらって喜んでる様子がなんともお茶目ですね。

 手紙の日付、6月3日は今の暦に直すと7月初旬ごろ、まさに梅雨本番といったところでしょう。お気に入りの傘や雨具で出かければ、憂鬱な雨も楽しい雨に変わるかもしれませんね。

町田版のコラム最新6

宮司の徒然 其の107

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の107

6月23日号

雨でも楽しく

織田信忠書状

雨でも楽しく

泰巖歴史美術館【電話】042-726-1177

6月2日号

宮司の徒然 其の106

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の106

5月26日号

宮司の徒然 其の105

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の105

5月19日号

町田市の鳥、ご存じですか?

土佐光起・光成 鶉・翡翠図(部分)

町田市の鳥、ご存じですか?

泰巖歴史美術館【電話】042-726-1177

5月12日号

宮司の徒然 其の104

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の104

5月12日号

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook