大和版 掲載号:2017年11月24日号 エリアトップへ

月例県政報告㉛ 〜IT・行財政革命 役所業務の半分以上はテクノロジーに代替される 神奈川県議会議員(無所属) 菅原直敏(すがわらなおとし)

掲載号:2017年11月24日号

  • LINE
  • hatena

 10月下旬、3大メガバンクが3・2万人分にのぼる業務量をリストラクチャリング(構造改革)することを相次いで発表しました。金融業務をテクノロジーで代替するフィンテックの進歩を織り込んだものです。

 さて、このようなテクノロジーによる業務代替は銀行業務に限ったことではありません。市役所や県庁における業務も当然その対象となってきます。現在、この分野に詳しい専門家の方々と独自に試算を行っていますが、大まかに見積もっても市役所業務の半分以上は今後10年程度でテクノロジーに代替することが技術的には可能であろうという議論がなされています。

 今後、自治体が早急に取り組むべきことは、庁内のどの業務がテクノロジーに代替されるのかを技術ベースで明らかにし、5年から10年程度のスパンで電子化計画を立てることです。10年後、テクノロジーに着目した自治体とそうでない自治体とで行政コストやサービスの利便性に大きな開きが出るでしょう。パブリテックによる行財政革命は「待った無し」です。

菅原直敏

大和市福田1974-10-302

http://nao.tv fb:naoxkaeru mail:naoxinfo@nao.tv

24時間安心のお葬式

地域で30年以上。お葬式、お仏壇、樹木葬も。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

大和版の意見広告・議会報告最新6

コミセン下鶴間会館 移転へ

議会報告

コミセン下鶴間会館 移転へ

大和市議会 副議長 小倉隆夫

3月26日号

コロナ禍の厳しい予算、  選択と集中の財政運営を

議会報告

コロナ禍の厳しい予算、  選択と集中の財政運営を

大和市議会議員 福本たかふみ

3月26日号

市民の幸福のための施策実現目指して

市政報告

市民の幸福のための施策実現目指して

公明党 大和市議団

3月26日号

小田急線踏切内の歩道が拡幅

県政報告

小田急線踏切内の歩道が拡幅

公明党 神奈川県議会議員 谷口かずふみ

3月26日号

大和正風会

大和市議会 会派 議会活動報告

大和正風会

3月19日号

コロナ下こそ”密”な「ケアラー」支援を

活動報告

コロナ下こそ”密”な「ケアラー」支援を

大和市議会議員 古木 邦明

3月12日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter