大和版 掲載号:2021年1月1日号 エリアトップへ

県政報告 ポストコロナを希望と安心の時代に! 公明党 神奈川県議会議員 谷口かずふみ

掲載号:2021年1月1日号

  • LINE
  • hatena

黒岩知事に予算要望

 新型コロナウイルス感染症の拡大により、未曽有の危機に際して十分に対応できていない現行制度の脆弱性が改めて浮き彫りになりました。特にわが国では、デジタル化の遅れとその影響が明白となり、従来からの課題である人口減少や少子高齢化、格差拡大、気候変動に伴う災害の激甚化など、これまで以上に将来への不安が高まっています。

 こうした中で、いま求められているのは、コロナ禍を契機として、感染症や災害はもとより、あらゆるリスクに対して強靭で持続可能な社会の構築です。

 そこで、公明党県議団はポストコロナを希望と安心の時代へと変革するため、黒岩祐治知事に対し2021年度予算・政策要望を行いました。

ワクチン接種体制の整備を

 要望には【1】全世代型社会保障の実現、【2】防災・減災、【3】新たな日常の構築、【4】その他の重要課題――の4項目について、多岐にわたり具体的な政策を盛り込みました。

 そのうちの一つがワクチンについてです。政府は、今年前半までに全国民分のワクチンを確保するとしていますが、希望する国民が迅速に接種できるよう、体制を整備する必要があります。

 ワクチンの流通や保管、接種など総合的な運営を担うのは市町村です。そこで、知事には「ワクチン接種において、実施主体である市町村をしっかりと支援するとともに、専門的な相談にも対応できる窓口等を設置すること」を求めました。

 黒岩知事は、要望の詳細にわたり目を通し、「公明党は、いつも現場の声を届けてくれる。要望にしっかりと取り組む」と答えました。

 公明党県議団は引き続き現場の声に耳を傾けながら、コロナ禍を乗り越えるために全力をあげてまいります。

黒岩知事に予算政策要望書を手渡す公明党県議団
黒岩知事に予算政策要望書を手渡す公明党県議団

大和版の意見広告・議会報告最新6

コミセン下鶴間会館 移転へ

議会報告

コミセン下鶴間会館 移転へ

大和市議会 副議長 小倉隆夫

3月26日号

コロナ禍の厳しい予算、  選択と集中の財政運営を

議会報告

コロナ禍の厳しい予算、  選択と集中の財政運営を

大和市議会議員 福本たかふみ

3月26日号

市民の幸福のための施策実現目指して

市政報告

市民の幸福のための施策実現目指して

公明党 大和市議団

3月26日号

小田急線踏切内の歩道が拡幅

県政報告

小田急線踏切内の歩道が拡幅

公明党 神奈川県議会議員 谷口かずふみ

3月26日号

大和正風会

大和市議会 会派 議会活動報告

大和正風会

3月19日号

コロナ下こそ”密”な「ケアラー」支援を

活動報告

コロナ下こそ”密”な「ケアラー」支援を

大和市議会議員 古木 邦明

3月12日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク