神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
大和版 公開:2023年11月3日 エリアトップへ

今年で20周年を迎える「囲碁クラブ和(なごみ)」で当初から会長を務める 小西 良武さん 西鶴間在住 81歳

公開:2023年11月3日

  • X
  • LINE
  • hatena

心のままに趣味を謳歌

 ○…中高段位者の対局戦「100回記念ござる大会」の張り紙が活動の歴史を物語る。中央林間に位置する「囲碁クラブ和」は今年で20周年を迎えた。これまで初心者からアマチュア八段まで、延べ約20万人が訪れ、碁石を打った。設立以降、同クラブ会長として、囲碁愛好家の居場所を守ってきた。大きな節目に「お客さんのおかげでここまで来られた。いい人に恵まれた」と感謝を述べる。

 ○…三浦市に次男として生まれた。少年時代は、やんちゃな性格で先生を困らせることもあったが、明るい人柄に多くの友人が集った。高校時代に父親を亡くし「自立しなければ」という使命感から勉学に励んだ。東北大学法学部に進学し、卒業後は銀行員として定年を迎えるまで勤めた。定年を目前にして趣味を作ろうと、再び囲碁を始めた。

 ○…同時期に定年を迎えた友人と「何か楽しい事を始めたい」と退職金で同クラブを設立した。クラブ名は「談論風発、飾りのない愉快な和める空間」をテーマに名付けた。当初は家族から反対も受けたが、今では夫と妻の二人三脚で切り盛りしている。「時に喧嘩もするが、色々とアドバイスをしてくれる。妻には感謝している」と笑みを見せる。

 ○…お客さんからの勧めで「日本書紀」を読み始め、古代史に熱中した。全国各地の遺跡を巡り、自作の冊子に記録を残してきた。「好きなものを共有し合うことで、未知の世界が見えてくる」と目を輝かせる。会話だけでなく、盤上で交流を図ることも多い。その日の気分で、自由気ままに打つのが自己流という。「打ち方には個性が宿る。盤上には人間模様が映る」。お客さん同士の対局を見つめて、目を細めた。

大和版の人物風土記最新6

金子 勝さん

5月31日付で(公財)大和市スポーツ・よか・みどり財団の理事長に就任した

金子 勝さん

深見西在勤 67歳

6月21日

橋本 紀代子さん

このほど大和シルフィード株式会社の代表取締役社長に就任した

橋本 紀代子さん

深見西在勤 35歳

6月14日

宮崎 敏行さん

5月25日・26日に開催された「関東ソフトテニス選手権大会」で優勝した

宮崎 敏行さん

下鶴間在住 77歳

6月7日

片山 政明さん

創立60周年の記念誌を発行した大和高等学校同窓会の会長を務める

片山 政明さん

中央在住 70歳

5月31日

青木 正始さん

5月9日付で大和市議会議長に就任した

青木 正始さん

深見在住 57歳

5月24日

渡辺 真梨美さん

さがみ生活クラブ生協大和コモンズの運営委員長を務める

渡辺 真梨美さん

深見在住 39歳

5月17日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月21日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook