神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
大和版 公開:2024年3月1日 エリアトップへ

徒然想 連載312 花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

公開:2024年3月1日

  • X
  • LINE
  • hatena

 今月は、おおよそ因果の道理、暦然(れきねん)としてわたくしなし。造悪のものは堕し、修善のものはのぼる、毫釐(ごうり)もたがわざるなり、です。

 出典は鎌倉代、道元『正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)』です。

 意は、一般的に因果の道理は、明らかな事実。悪行をしたものは地獄に堕ち、善行を行ったものは天に昇る。このことは少しも疑うところがない、ということです。

 私達が行った善悪の行為を因として、必ずその結果が現れるというものです。善行をすればよい善い結果が、悪行をすれば悪い結果になるということですが、善いことをしていても苦しい生活を送ることもあります。反対に悪いことをしていても、なんらその報いを受けない者が現実にはいるのも事実です。その為に「撥無(はつむ)因果」という因果の道理を否定する思想も現れますが、師はこれを否定します。

 仏教では、因果の道理の報いを現世で受ける「順現法受(じゅんげんほうじゅ」次の世で受ける「順次生受(じゅんじしょうじゅ)」更にその次の世に受ける「順後次受(じゅんごじじゅ)」と、説きます。このように、決して自分勝手に生きることができるものではない、と師は教えているのです。

桃蹊庵主 合掌

大和市で葬儀なら、地元「ふじみ式典」

地域顧客満足度NO.1店を目指す創業35年以上の葬儀社です。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

大和版のコラム最新6

徒然想  連載313

徒然想 連載313

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

4月5日

徒然想  連載312

徒然想 連載312

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

3月1日

徒然想  連載311

徒然想 連載311

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

2月16日

徒然想  連載310

徒然想 連載310

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

1月5日

徒然想  連載310

徒然想 連載310

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

1月1日

徒然想  連載309

徒然想 連載309

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

12月1日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月12日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月29日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook