神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
大和版 公開:2024年4月5日 エリアトップへ

徒然想 連載313 花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

公開:2024年4月5日

  • X
  • LINE
  • hatena

 今月は、自戒の念を込めて、江戸代、仙厓義梵(せんがいぎぼん)の『老人六歌仙』から。

 六首のうち、後半の三首が警句です。

 ききたがる死にとむながる淋しがる 心は曲がる欲深くなる

 くどくなる気短かになる愚痴になる 出しゃばりたがる世話やきたがる

 又しても同じ話に子を褒める 達者自慢に人はいやがる、です。

 このような姿は老人によく見られる傾向ですが、師は、これをあるまじき事として詠んでいます。くどくなったり、愚痴っぽくなることや、達者自慢、子自慢なども若い時にはしなかったこと。それは人に好まれないことがわかっていたから。年と共に我慢ができなくなり、老人特有のわがままが出るからそんなことをしてしまうのでしょう。

 師は見事に老人の姿、癖、傾向を捉えており、思わず笑みが込み上げてしまいます。しかし、決して風刺や滑稽を狙っているわけではありません。人が生まれて成長し、やがて老いてゆくことは避けられない自然の成りゆきなのです。

 そして師はこの三首で年寄りのわがままを諫めているのです。

 老いを受け入れ、仙厓の禅画のような、おおらかで、可愛い老人になりたいものですね。(笑)

    桃蹊庵主 合掌

大和版のコラム最新6

徒然想  連載314

徒然想 連載314

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

5月3日

徒然想  連載313

徒然想 連載313

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

4月5日

徒然想  連載312

徒然想 連載312

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

3月1日

徒然想  連載311

徒然想 連載311

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

2月16日

徒然想  連載310

徒然想 連載310

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

1月5日

徒然想  連載310

徒然想 連載310

花のお寺 常泉寺 住職・青蔭文雄

1月1日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

災害に向けた健康対策を

災害に向けた健康対策を 文化

6月1日にオンライン講座

6月1日~6月1日

大和版のイベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook