足柄版 掲載号:2014年8月30日号 エリアトップへ

防災の日特集 土砂災害から身を守る 情報収集も有効な手段

社会

掲載号:2014年8月30日号

  • LINE
  • hatena
気象庁「高解像度降水ナウキャスト」(スマートフォンの画面より)
気象庁「高解像度降水ナウキャスト」(スマートフォンの画面より)

 広島市で8月20日未明に起こった大規模土砂災害では、土砂災害防止法に基づき都道府県が指定する警戒区域や特別警戒区域の外でも被害が発生し、改めて「自助」の重要性が注目されている。

 土砂災害防止法では、【1】土石流、【2】地すべり、【3】がけ崩れ-の3種類の被害を想定し、都道府県が警戒区域と特別警戒区域を指定。これに基づき各自治体がハザードマップを作り住民に周知することになっている。

 足柄上地域では山北町で94カ所、松田町56カ所、南足柄市も58カ所が土石流の警戒区域に指定されているが、大井町と開成町は指定に至っていない。さらに、地すべりやがけ崩れについても順次、県が調査を進める見通しだが、指定時期については未定だという。

 警戒区域は県ホームページで地域ごとの検索が可能(「神奈川県土砂災害警戒区域」で検索)。

 自分の住む場所が警戒区域にあるかどうかは減災につながる大切な要素だが、警戒区域外でも土石流が発生した広島の災害を教訓とすれば、住民が主体的に情報収集することも重要だといえそうだ。

 例えば、気象庁が8月7日に運用を開始した「高解像度降水ナウキャスト」は、30分先までの5分ごとの降水域の分布を250m四方の細かさで予測し5分間隔で最新情報が得られる。  この情報はパソコンやスマートフォンで見ることができ、強い雨を降らす雲がどちらに進むか分かるため、局地的な豪雨を察知した早めの避難にも役立てられる。

 行政が発令する土砂災害警戒情報もこうしたレーダーによる情報をもとに判断しているため、個人でも情報収集できれば減災に役立てられる可能性が高い。
 

足柄版のローカルニュース最新6

町を朝顔でいっぱいに

町を朝顔でいっぱいに 教育

松田小児童の種を配布中

12月5日号

(株)明日葉による運営へ

南足柄市放課後児童クラブ

(株)明日葉による運営へ 社会

12月5日号

「本をもっと身近に」

電子図書館開設から半月

「本をもっと身近に」 社会

12月5日号

すいっぴーマスク販売

すいっぴーマスク販売 社会

LINEアカ開設PRで

12月5日号

県道沿い彩るイルミ

県道沿い彩るイルミ 社会

松田町の内藤さん

12月5日号

懐かしの「泉」と出会うの巻

記者のまちあるき

懐かしの「泉」と出会うの巻 社会

12月5日号

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月28日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク