足柄版 掲載号:2014年8月30日号 エリアトップへ

防災の日特集 土砂災害から身を守る 情報収集も有効な手段

社会

掲載号:2014年8月30日号

  • LINE
  • hatena
気象庁「高解像度降水ナウキャスト」(スマートフォンの画面より)
気象庁「高解像度降水ナウキャスト」(スマートフォンの画面より)

 広島市で8月20日未明に起こった大規模土砂災害では、土砂災害防止法に基づき都道府県が指定する警戒区域や特別警戒区域の外でも被害が発生し、改めて「自助」の重要性が注目されている。

 土砂災害防止法では、【1】土石流、【2】地すべり、【3】がけ崩れ-の3種類の被害を想定し、都道府県が警戒区域と特別警戒区域を指定。これに基づき各自治体がハザードマップを作り住民に周知することになっている。

 足柄上地域では山北町で94カ所、松田町56カ所、南足柄市も58カ所が土石流の警戒区域に指定されているが、大井町と開成町は指定に至っていない。さらに、地すべりやがけ崩れについても順次、県が調査を進める見通しだが、指定時期については未定だという。

 警戒区域は県ホームページで地域ごとの検索が可能(「神奈川県土砂災害警戒区域」で検索)。

 自分の住む場所が警戒区域にあるかどうかは減災につながる大切な要素だが、警戒区域外でも土石流が発生した広島の災害を教訓とすれば、住民が主体的に情報収集することも重要だといえそうだ。

 例えば、気象庁が8月7日に運用を開始した「高解像度降水ナウキャスト」は、30分先までの5分ごとの降水域の分布を250m四方の細かさで予測し5分間隔で最新情報が得られる。  この情報はパソコンやスマートフォンで見ることができ、強い雨を降らす雲がどちらに進むか分かるため、局地的な豪雨を察知した早めの避難にも役立てられる。

 行政が発令する土砂災害警戒情報もこうしたレーダーによる情報をもとに判断しているため、個人でも情報収集できれば減災に役立てられる可能性が高い。
 

足柄版のローカルニュース最新6

ランナーの軌跡を足型に

鈴廣かまぼこで20年以上 箱根駅伝

ランナーの軌跡を足型に スポーツ

1月11日号

里山に広がる甘い香り

里山に広がる甘い香り 経済

寄ロウバイまつり 2/11まで

1月11日号

女子ラグビーを観戦

女子ラグビーを観戦 スポーツ

1月11〜13日、三ッ沢球技場

1月11日号

上位猛追もプレーオフ逃す

Fリーグベルマーレ

上位猛追もプレーオフ逃す スポーツ

週末に今季最終戦

1月11日号

足柄事件簿

12/27〜30

足柄事件簿 社会

松田警察署管内

1月11日号

カレンダープレゼント

カレンダープレゼント 文化

ファーレ立川アート

1月11日号

困難で証明したクラブの絆

新春インタビュー

困難で証明したクラブの絆 教育

ベルマーレ コールリーダーの高橋さん

1月11日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月11日号

お問い合わせ

外部リンク