足柄版 掲載号:2015年8月29日号 エリアトップへ

南足柄在住17歳シンガー 不安のり超え舞台に 路上ライブ見出され「大きな一歩」

文化

掲載号:2015年8月29日号

  • LINE
  • hatena
あまりの緊張で、冷却ジェルをおでこにつけたまま舞台に上がり3曲を披露したなつめさん
あまりの緊張で、冷却ジェルをおでこにつけたまま舞台に上がり3曲を披露したなつめさん

 あしがら花火大会が開催された8月22日に、南足柄市に住む17歳が野外音楽祭の舞台にあがった。傍らには娘を見守る母親の姿があった。

 開成町納涼まつりの共催イベントとして開催された「あしがら未来音楽フェスティバル」に南足柄市和田河原の吉田夏女さん(17)が出演した。水辺公園の特設舞台に上がった夏女さんは、ミントブルーの愛用ギターで弾き語り3曲を披露した。

 小学6年生で「全般性不安障害」の診断を受けた。慢性的に不安が続き、体調にも異変をきたす心の病だ。そのまま通学できなくなり小学校を卒業。進学した中学でもほとんど学校へは行けず自宅で過ごす日々が続いた。「行きたい気持ちはあっても、どうしても行けない。それが本当につらい」という。

 中学生になった夏女さんに、両親がギターをプレゼントした。

 「中学では吹奏楽部でフルートを吹きたかった。でも学校に行けないから、もともと興味のあったギターを買ってもらった。見よう見まねで覚えて毎日弾くうちにできるようになりました。ボイストレーニングも受けたいけどまだちょっと無理かも」と夏女さん。

ネット配信も

 自宅で弾き語る模様を「なつめ」として動画サイト「ユーチューブ」や「ツイキャス」で配信する。オリジナル楽曲もあるが「まだまだ恥ずかしくて出せるレベルじゃない」とはにかむ。無邪気さが入り混じる澄んだ歌声に、音楽フェスにはファンも駆けつた。

 春先のある日、近所に住む幼なじみの男子高校生が南足柄の狩川での演奏を勧めた。母・孝江さん(43)が見守るなか3人で河川敷へ向かい、和田河原の駅前でも歌った。路上ライブの様子が会員制交流サイト「フェイスブック」で紹介され、音楽フェスの主催者が出演を依頼した。

「大きな1日」

 8月22日の舞台は、主催者の柳川恒さん(38)と母・孝江さんが見守るなか始まった。柳川さんは「当日に向けて不安もあったと思うけど最後までやれて本当によかった」と安堵した。

 不安を乗り越え、緊張の面持ちで舞台に上がった夏女さんは「すごく楽しかった。またライブしたい」と晴れやかな表情で目を輝かせた。

 孝江さんは「家族にとっても本当に大きな1日。本当に嬉しい」と目を潤ませた。「同じようなことで悩んでいる子の励みになれば」と2人で取材に応じた。

娘の姿を見守る母・孝江さん
娘の姿を見守る母・孝江さん

足柄版のトップニュース最新6

開成町社協にキャラ誕生

開成町社協にキャラ誕生 社会

その名は「みずたまちゃん」

1月18日号

2度目の成人祝う

2度目の成人祝う 社会

南足柄で四十祭

1月18日号

参加者評価が全国7位に

参加者評価が全国7位に スポーツ

天狗のこみちマラソン

1月11日号

新成人は1062人

本紙発行1市4町

新成人は1062人 社会

今週土日各市町で式典

1月11日号

小水力発電の有用性を実証

小水力発電の有用性を実証 経済

自治会長オンブズマンの会

1月4日号

連絡協議会 活性化の1年

連絡協議会 活性化の1年 経済

シルバー人材センター

1月4日号

堀内良一さんが林野庁長官賞

ウッドデザイン賞

堀内良一さんが林野庁長官賞 文化

木製の医療玩具が高評価

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク