足柄版 掲載号:2016年5月28日号 エリアトップへ

(PR)

副院長に聞く 医療レポート足柄上病院シリーズ㉗ 骨・関節病は介護の入口だ 取材協力/県立足柄上病院

掲載号:2016年5月28日号

  • LINE
  • hatena

 今回は介護と整形外科にまつわる話を同院副院長で整形外科部長の牧田浩行医師に聞いた。

 ―整形外科と介護にどんな関係があるのですか?

 厚生労働省の統計では、介護保険の要支援に認定されている人の25%に老化による関節疾患や骨折があると言われています。特に老化による膝や股関節の痛みで「歩けなくなる」ことで次第にできることが制限されてしまい、結果として介護を受けなければ日常生活が送れなくなってしまうことにもなります。

 ―予防方法は?

 日頃から規則正しい食事や適度な運動を心がけることが大切です。関節の負担を軽減させるための筋力トレーニングも大切ですね。

 ―痛みはとれますか?

 老化に伴い関節機能の劣化はある程度は仕方ありませんがダメージがひどい時は手術も重要です。人工関節の活用など手術によって劇的に歩けるようになる人もたくさんいます。股関節の痛みでは手術が効果的な場合が多くあります。

 ―手術となると入院生活への不安もありそうです。

 そうですね。治療や看護体制は万全を期していますから、入院することはそれほど心配しなくてもいいと思います。同じ目的の治療で病室が一緒になった患者さん同士が仲良くなり、普通に歩いて退院していく方もたくさんいます。

 ―どの関節に痛みを訴える患者さんが多いのですか?

 やはり下半身。膝と股関節が多いですね。所見とご本人の困り具合に加え、客観的な評価表に基づいて手術するか決めるので、まずは痛みを我慢せずに歩けるうちに受診し、介護予防につなげて頂きたいですね。

地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立足柄上病院

神奈川県足柄上郡松田町松田惣領866-1

TEL:0465-83-0351
FAX:0465-82-5377

http://ashigarakami.kanagawa-pho.jp/

足柄版のピックアップ(PR)最新6

今や、乗った分だけ支払う時代月々2万円〜憧れの車を

ふんわり甘〜い「純生食パン」

食パンを超えた幸せの味

ふんわり甘〜い「純生食パン」

巡礼街道『晴れ時々パン』

12月7日号

定期預金に年利0・2%上乗せ

定期預金に年利0・2%上乗せ

スルガ銀行で特別金利キャンペーン

11月16日号

お済みですか?特定健診

ワンコインの受診も可能

お済みですか?特定健診

協会けんぽ神奈川支部

11月16日号

家庭の「紙」を現金化

ダンボール、新聞、雑誌など工場で買い取り

家庭の「紙」を現金化

大井開成リサイクルセンター(福田商事)

11月2日号

40代に多い腰痛・坐骨神経痛の根本改善

スマホ体験会開催

ガラケー利用者向け

スマホ体験会開催

11月2日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク