足柄版 掲載号:2016年12月24日号
  • LINE
  • hatena

巨大杉玉新酒の候

文化

自宅で杉玉の仕上げをする川口和子さんと彪さん(14日)
自宅で杉玉の仕上げをする川口和子さんと彪さん(14日)
 大井町柳在住の川口彪(たかし)さん(73)と和子さん(67)が作成した杉玉が23日、井上酒造の蔵開きに合わせ、酒造の軒先に吊るされた。

 昔、杉玉は杜氏が作るが同酒造には杉玉を作る人がおらず、話を聞いた役場職員が、長年竹細工職人をしていた川口勝三さん(96)を紹介。竹細工作りを手伝っていた娘の和子さんが、古い杉玉を解体して手本にし、作成にあたった。和子さんは「昨年よりも10cmほど大きくなったが、年々上手にできるようになった」と話した。材料の竹と杉は町内の山で採取したもの。完成した杉玉は直径約80cm、重さ約40kgある。

 杉玉は酒林とも呼ばれ、古くから日本酒の造り酒屋などで新酒ができたことを知らせるために軒先に吊るす習わしがある。

医療から介護まで

薬剤師、看護師、介護士、PT募集中  託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版のローカルニュース最新6件

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月26日0:00更新

  • 1月19日0:00更新

  • 1月12日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

終活セミナー

終活セミナー

佐々木悦子氏招き

2月6日~2月6日

足柄版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年1月26日号

お問い合わせ

外部リンク