足柄版 掲載号:2017年5月27日号
  • LINE
  • hatena

「大きくなあれ」 園児と高校生が弥一芋植え

教育

吉田島高校の生徒から種芋の植え方を教わって1人1つずつ植えた。
吉田島高校の生徒から種芋の植え方を教わって1人1つずつ植えた。
 開成幼稚園(井上義文園長)の5歳児89人が18日、開成町ゆかりの里芋「開成弥一芋」の植え付けを体験した。吉田島高校(中戸川啓二校長)の農業クラブ「草花部」の3年生、竹内愛実さんと松本祥夏(さちか)さん、勝又優希さんが指導した。

 高校生と園児はこれまで収穫体験で交流していたが、今年は「1つの芋からたくさんの子芋が実る感動を伝えたい」と初めて植え付けから体験してもらうことにした。昨年収穫した30株の3倍以上をめざし園の畑に種芋100個を植えた。

 園児は「大きくなあれ」「おいしくなあれ」と言いながら1個ずつ丁寧に植えていた。今年は野菜部員の生徒も訪れて、トマトやスイカの苗も合わせて植えた。

 弥一芋は11月に収穫し、給食で食べる予定。

足柄版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

医療から介護まで

管理栄養士、薬剤師、看護師、介護士 募集中  託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月16日0:00更新

  • 2月9日0:00更新

  • 2月2日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク