足柄版 掲載号:2017年12月23日号 エリアトップへ

大雄山最乗寺 正月事始め「煤(すす)払い」 新年の準備着々

文化

掲載号:2017年12月23日号

  • LINE
  • hatena
大雄山最乗寺本堂 =12月13日
大雄山最乗寺本堂 =12月13日

 大雄山最乗寺(石附周行山主)で12月13日、年末恒例の煤払いが行われた。

 厳しく冷え込んだ朝8時前、大きな太鼓の音が境内に響き渡ると、本堂下の池に用意された長さ4メートルほどの笹竹が境内各所に数本ずつ運ばれた。

 本堂では5人の僧侶が奥中央に鎮座する本尊の周りから徐々に外側へと広がり煤を払った。

 煤払いは正月事始めのひとつ。正月に年神様を迎えるために一年の汚れを払い、清めるため12月13日に行われている。江戸城での習わしを真似て始まり大掃除の習慣になったとされる。

足柄版のローカルニュース最新6

松田町が町政懇話会

松田町が町政懇話会 社会

11月6日 事前申込制

10月16日号

ヒマワリの季節到来

ヒマワリの季節到来 社会

南足柄で12月まで続々

10月16日号

ワクチン1回目県内1位

3氏による争いの公算

衆院選

3氏による争いの公算 政治

神奈川17区 31日投開票へ

10月16日号

10月から土曜運行開始

10月から土曜運行開始 社会

大井町の巡回バス

10月16日号

コロナ対応で共通追試

私立中受験

コロナ対応で共通追試 教育

来年2月、県私学会館で

10月16日号

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook