足柄版 掲載号:2017年12月23日号 エリアトップへ

大雄山最乗寺 正月事始め「煤(すす)払い」 新年の準備着々

文化

掲載号:2017年12月23日号

  • LINE
  • hatena
大雄山最乗寺本堂 =12月13日
大雄山最乗寺本堂 =12月13日

 大雄山最乗寺(石附周行山主)で12月13日、年末恒例の煤払いが行われた。

 厳しく冷え込んだ朝8時前、大きな太鼓の音が境内に響き渡ると、本堂下の池に用意された長さ4メートルほどの笹竹が境内各所に数本ずつ運ばれた。

 本堂では5人の僧侶が奥中央に鎮座する本尊の周りから徐々に外側へと広がり煤を払った。

 煤払いは正月事始めのひとつ。正月に年神様を迎えるために一年の汚れを払い、清めるため12月13日に行われている。江戸城での習わしを真似て始まり大掃除の習慣になったとされる。

足柄版のローカルニュース最新6

園庭が天然芝に

園庭が天然芝に 社会

JFAの事業を活用

4月17日号

自由な木々に囲まれて

記者のまちあるき

自由な木々に囲まれて 社会

4月17日号

劇団蒼天の花が発足

劇団蒼天の花が発足 社会

8月の上映目指す

4月17日号

色濃く赤い食用八重桜

色濃く赤い食用八重桜 社会

大井町から横浜・川崎へ

4月17日号

統合の交番、板囲い

統合の交番、板囲い 社会

解体時期などは未定

4月17日号

防災啓発で10周年

開成町 たんぽぽ

防災啓発で10周年 社会

4月17日号

あっとほーむデスク

  • 4月17日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

  • 4月3日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter