足柄版 掲載号:2018年2月10日号 エリアトップへ

岡本中榎本航己選手 世界へ、初めの一歩 バレー中学日本代表で豪州遠征へ

スポーツ

掲載号:2018年2月10日号

  • LINE
  • hatena
加藤市長と手のひらを合わせる榎本選手 =南足柄市役所
加藤市長と手のひらを合わせる榎本選手 =南足柄市役所

 南足柄市立岡本中学校男子バレーボール部3年の榎本航己選手(15)が、2月20日から3月1日まで行われる、全日本中学生バレーボール2017年度オーストラリア遠征の代表メンバー(12人)に選出された。1月31日に南足柄市役所を訪れ、加藤修平市長にメンバー入りを報告した。

 榎本選手は1年生の頃からチームの主力選手として活躍。192センチの長身を生かして、チームの県大会優勝や関東大会、全国大会出場に貢献した。

 3年生の今年度は春夏の県大会連覇、関東大会ベスト8、全国大会ベスト16進出。12月には「JOCジュニアオリンピックカップ全国都道府県対抗中学大会」の神奈川県選抜に、チームメイトの西山大翔選手、高田丸生選手とともに選出された。大阪市内で行われたこの大会では、出場選手の中から2人が選ばれる「オリンピック有望選手」を受賞。世代別全日本選手に初選出され、豪州遠征の代表に名を連ねた。

 市長と懇談した榎本選手は「今回の全日本入りは最初の大きな目標だった。高校では春高バレーに出場できるよう小さな目標をひとつずつ積み重ねていきたい」と話した。

 榎本選手は小学1年生で岡本ジュニアバレーボールクラブに入りバレーを始めた。小学5年と6年の県大会で優勝し頭角を現した。

中学でのチームメイトと共に東海大相模への進学を希望している、という。

足柄版のトップニュース最新6

地酒PRもオンライン

地酒PRもオンライン 社会

コロナ禍における初企画

1月16日号

企業マッチングで新商品

さがみ信金

企業マッチングで新商品 社会

開発から販路開拓を支援

1月16日号

花魁の登場に沸く

あしがら博覧会

花魁の登場に沸く 文化

イベント一環で練り歩き

1月9日号

「実富士(みのるふじ)」として角界へ

森田世宝さん(立花学園高3年)

「実富士(みのるふじ)」として角界へ 社会

1月場所でデビュー

1月9日号

道祖神太鼓の音色 再び

道祖神太鼓の音色 再び 文化

復活へ有志が楽譜づくり

1月1日号

1市4町・首長からの新春メッセージ

あっとほーむデスク

  • 1月16日0:00更新

  • 1月9日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク