足柄版 掲載号:2019年3月30日号 エリアトップへ

あしがらあそびの学校 天神社で中野七頭舞奉納

文化

掲載号:2019年3月30日号

  • LINE
  • hatena
舞を披露したメンバー
舞を披露したメンバー

 3月24日の大井町山田の天神社例大祭で、「あしがらあそびの学校」のメンバー32人による岩手県の郷土芸能「中野七頭舞(なかのななずまい)」の奉納舞いが行われた。

 当日は加藤嘉孝宮司の奉納舞報告の祝詞に続き、祝い唄の奏上や紅白もち撒きを組み入れた奉納舞が大勢の地域関係者の前で華やかに披露された。

 40年前に発足した「あしがらあそびの学校」は、大井町の相和地域で子どもたちに昔のあそびを教える活動を続けてきた。結成当時に相和小学校に着任していた教師の生まれ故郷が岩手県岩泉町で、同町の郷土芸能「中野七頭舞」を伝承する保存会との交流が始まった。

 1992年には、文化庁が主催した「芸術祭国際公演・日本民謡まつり」で、踊りが伝わる岩泉町の踊り手と相和小の子どもたちが共演。これを契機に交流が深まった。

 今回の例大祭には、岩泉町から中野七頭舞保存会の山本恒喜さんが指導応援にかけつた。山本さんは2015年にも「あそびの学校」訪れ、指導していた。同学校・高橋和久代表は「このときは30年ぶりの指導だった。子どもたちにはよい経験となり、今回は長年の交流活動に新しい歴史が加わった」と話した。

 宮世話人代表の藤澤利則氏や加藤宮司は「このような文化交流は大切なこと。今後もぜひ続けていってほしい」と話していた。

神社境内で華やかに舞った
神社境内で華やかに舞った

足柄版のローカルニュース最新6

「戦後語り部」の一員に

南足柄市の石野幸子さん

「戦後語り部」の一員に 社会

4月4日号

南足柄市がJAFと協定

南足柄市がJAFと協定 経済

観光情報の発信でタッグ

4月4日号

雛で心を和ませて

雛で心を和ませて 文化

山北町生涯学習センター

4月4日号

足柄事件簿

3/20〜3/26

足柄事件簿 社会

松田警察署管内

4月4日号

4月1日付人事異動

1市4町

4月1日付人事異動 経済

3月28日号

特別窓口で支援強化

さがみ信用金庫

特別窓口で支援強化 経済

新型コロナ対策の一環

3月28日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月4日号

お問い合わせ

外部リンク