足柄版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

郷土の”いだてん” 第2回 渋谷寿光先生の学生時代

社会

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena
県立第二中学校5年のときの渋谷先生
県立第二中学校5年のときの渋谷先生

 渋谷寿光先生は明治40(1907)年、県立第二中学校(現県立小田原高校)に入学した。吉田庫三初代校長は質実剛健の気風を養成し、通学距離が7〜8Kmまでは徒歩通学としていた。渋谷先生も松田から、二宮金次郎のように本を読みながら徒歩通学した。朝礼でボタン1つとれていたら、全校生徒の前で一歩前に出なければならない。帰宅後、外出するときは必ず学帽をかぶり袴をはくことになっていた。渋谷先生は野球、サッカー、テニスなど何でもやった。剣道の面・小手を修理し、竹刀を組立て、野球のボールは切れたら縫って使い、グラブの中身を入れ替えた。

 渋谷先生は大正2(1913)年に東京高等師範学校(現筑波大学)へ進学。徒歩部(現陸上競技部)に入り、2年先輩の金栗四三とマラソンの練習に励んだ。大正4年の大日本体育協会主催・第3回全国陸上競技大会のマラソンは、金栗が1位、渋谷先生が4位だった。大正5年、渋谷先生は嘉納治五郎校長から同協会の夏季陸上競技練習会の開催準備を命じられ、金栗とともに合宿所や運動場を準備し、練習会に参加した。第4回全国陸上競技大会のマラソンは、金栗が途中棄権、渋谷先生が10位。大阪朝日新聞社主催・第1回東西対抗陸上競技大会のマラソンは、渋谷先生が2位、金栗が4位だった。大正5〜6年の東京高等師範学校の全校マラソンは、アントワープ五輪に出場する野口源三郎も参加する中、渋谷先生が連続優勝した。

東京高等師範学校の徒歩部選手たち。前列中央が渋谷先生、後列右が金栗四三
東京高等師範学校の徒歩部選手たち。前列中央が渋谷先生、後列右が金栗四三

足柄版のローカルニュース最新6

市制50周年で協働事業募集

南足柄市

市制50周年で協働事業募集 社会

採択で20万円限度に補助

10月23日号

イノシシのわなにクマ

イノシシのわなにクマ 社会

個体少なく丹沢山中で放獣

10月23日号

ドッグパーク登録制に

オンラインで移住相談

オンラインで移住相談 社会

山北町 事前予約制1回40分

10月23日号

大雄山線がカレンダーに

大雄山線がカレンダーに 社会

公募の写真作品から選定

10月23日号

強盗発生時の対応学ぶ

強盗発生時の対応学ぶ 社会

山北の佐藤火薬店で訓練

10月23日号

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook