足柄版 掲載号:2021年7月17日号 エリアトップへ

自然館の取り組み一冊に 職員が自費で絵本

文化

掲載号:2021年7月17日号

  • LINE
  • hatena
完成した絵本とイラストを担当した小塩さん
完成した絵本とイラストを担当した小塩さん

 松田町自然館のスタッフ6人が自費で手掛けたオリジナル絵本「いのちの森のヤマネちゃん」が、このほど完成した。7月10日には同館でお披露目会があり、イベントに参加した家族連れなど約10人が完成を祝った。

 絵本はA4版のカラー仕立てで、20ページで構成。さまざまな植物が自生する自然館周辺の樹木園等をモチーフに、動植物の命を守るための活動などがペンと色鉛筆で描かれている。国の天然記念物のヤマネのほか、カブトムシやリス、ソウシチョウ、エビヅルなど、松田山で実際に見られる動植物が登場するのが特徴だ。文章は同館の渡邊建雄館長が作成、各ページのイラストは小塩千惠さんが担当した。

 お披露目会では、小塩さんによる絵本の朗読を実施。制作のもとになった原画も展示した。イベントに参加した吉成新君(11)=岩原小5年=は「いろいろな色で描かれていてとてもきれい。イラストも本物みたい」と驚いていた。

 社会福祉法人進和学園(平塚市)や株式会社研進(同)の指導を受けながら同館の近くで進められている「いのちの森づくり」といった活動や、同館の近くで2019年に発見された「ヤマネ」のことなどを多くの人に知ってもらおうと、昨年1月に制作を開始。今年の5月に完成した。

 渡邊館長は「近年、自然館の周辺では植樹で木の種類が増えるなどし、それに伴っていろいろな動物がすむようになってきている。本を通じて、そういったことを知ってもらえればうれしい」と話している。

 絵本は自然館で協力金として1冊500円で販売中。問い合わせは【電話】0465・82・7345へ(金〜日曜日、祝日のみ開館)。
 

自然館でのお披露目会の様子
自然館でのお披露目会の様子

足柄版のローカルニュース最新6

低山甘く見ないで

松田警察署山岳救助隊 中山孝之警部補

低山甘く見ないで 社会

9月25日号

神奈川県南足柄市が市未所蔵本のリクエストをメールで受付開始

道路の異常通報アプリで、神奈川県が運用開始

広報をポスティング試験配付

【Web限定記事】開成町

広報をポスティング試験配付 社会

10月号のみ全世帯へ

9月25日号

ゼロカーボンシティ創成補助制度

【Web限定記事】開成町

ゼロカーボンシティ創成補助制度 経済

9月25日号

ハナレザルに注意

【Web限定記事】

ハナレザルに注意 社会

南足柄市、山北町で出没

9月25日号

あっとほーむデスク

  • 9月11日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月28日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook