青葉区版 掲載号:2016年6月30日号
  • googleplus
  • LINE

あざみ野一小保護者有志タオル販売で被災地支援学校行事などで協力募る

社会

タオルを見せる保護者有志たち
タオルを見せる保護者有志たち
 熊本地震や東日本大震災の被災地を支援しようと、あざみ野第一小学校の保護者ら有志が動き出している。オリジナルデザインのマフラータオルを学校行事や地域行事で販売し、収益金を寄付する計画だ。18日の土曜参観で初めて販売し、計332枚を売り上げた。

 販売するのは「AZAMINO」とローマ字で書かれたレインボー柄のマフラータオル。デザインしたのは、小6の息子が同校に通う、有志代表の新保(しんぽ)知彦さんだ。2011年の東日本大震災発生時にPTA会長だった新保さんは、これまでも3回にわたりオリジナルグッズのチャリティー販売を学校や保護者と協力して実施。合計約70万円の義援金を送った。

 今回は熊本地震が発生した翌5月に計画を構想。1カ月ほどの期間でデザインや発注、協力者の募集、告知を行い、販売にこぎつけた。

 活動するのは、卒業生を含む保護者約20人。新保さんは「タオルには、あざみ野第一小の特徴である『音楽』『花』『笑顔』のマークを入れた。地域の方にも使ってもらいたいと地名を入れたので、夏に首にかけたりしてまちを歩いてもらえれば」と話す。

広がる協力

 18日の土曜参観では、製作した700枚のうち、約半数が保護者に売れた。「関心を持っている人がすごく多く、設置した募金箱にも寄付してくれている」と活動に参加する女性は笑顔を見せる。

 今後は、7月23日(土)に同校で行われる夕涼み会(午後1時〜3時に販売予定)と、8月27日(土)のあざみ野まつりで販売。あざみ野商店会協同組合らの協力も得て、祭りの参加準備や広報等を進めている。「あざみ野住民の方の復興支援の気持ちを、1人でも多く届けられれば」

 マフラータオルは1枚900円(税込)。完売すれば必要経費を除いた17万5000円を寄付することができる見込みだという。

 寄付金は日本赤十字社を通して熊本、大分、東日本大震災の被災地に届けられる予定。当日会場に行けない場合、購入希望者にはメールでの注文も受け付けている。詳細、問い合わせは、代表メールアドレス【メール】azaichi.rainbow.towel@gmail.comへ。

青葉区版のトップニュース最新6件

チームの力で日本一

日体大硬式野球部

チームの力で日本一

11月23日号

農業、自然のPR続け30年

支給時期早める

入学準備費

支給時期早める

11月16日号

高齢者の居場所作り20年

ボランティア団体

高齢者の居場所作り20年

11月16日号

学生増員で大臣感謝状

青葉消防団

学生増員で大臣感謝状

11月9日号

期間限定で再オープン

あおばドッグラン

期間限定で再オープン

11月9日号

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月23日号

お問い合わせ

外部リンク