青葉区版 掲載号:2017年8月31日号
  • googleplus
  • LINE

奈良町に新しい憩いの場ダ・カーポ 移転オープン

社会

店舗の外観
店舗の外観
 障害者施設「青葉メゾン」(奈良町1757の3)が運営する、「カフェ ダ・カーポ」は9月1日、松風台から同施設の隣接地に移転オープンする。障害者の就労の場として、活動の幅を広げる目的だ。

 「青葉メゾン」は社会福祉法人ル・プリが運営する知的障害者の社会生活支援施設。利用者が居住するほか、就労・学習などの日中活動、相談支援事業など複数の機能を持つ福祉拠点だ。

 今回、移転するダ・カーポは、青葉メゾンの利用者らが製造したパンやクッキーなど同法人の商品を販売するアンテナショップとして2013年に松風台にオープン。利用者は社会参加や就労の場として、接客も担当してきた。直接顧客とふれあうことや、製造したものが店頭で販売されているのを目にできることで、仕事のやりがいを得る機会でもあったという。

 オープン以来、認知度も高まり、店舗が手狭になったことから、青葉メゾンの隣接地に新しく店舗を建設、移転を決定した。新店舗でも同法人のアンテナショップとしての位置づけは変えず、より幅広い内容の日中活動につなげることを考えている。

 新店舗は2階建て。1階がカフェで、2階は今後、作業所として使用される。カフェの広さは旧店舗の3倍で、15席用意。引き続きパンやクッキーなどを販売するほか、店内の手作りケーキも楽しめる。オリジナルコーヒーに使用されるカップも、陶芸の日中活動で作ったもの。イラストや写真を印刷できるフードプリンターを導入し、オリジナルクッキーの注文も新しく行う予定だ。

 「青葉メゾン」の担当者は「利用者もオープンを楽しみにしている。地域のみなさんにも多くお越しいただければ」と話している。

店名のボードとカフェの店員
店名のボードとカフェの店員

青葉区版のトップニュース最新6件

11/12家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

セン南に輸入車専門店がオープン

豊富な品揃えで高品質な外車を提案してくれる

https://lopecity.jp/

<PR>

青葉区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク