高津区版 掲載号:2017年1月1日号

(PR)

緑内障、加齢黄斑症の早期発見を

「40歳過ぎたら一度検診を」

伊東靖人院長
伊東靖人院長
 溝口の「いとう眼科」は、年間300例行う白内障日帰り手術や検診による目の病気の早期発見、治療に特に力を注いでいる。「白内障だと思い来院される方の中に、緑内障や加齢黄斑変性症が発覚するケースも少なくありません」と同院の伊東靖人院長は話す。

 日本人の失明原因で最も多いのは緑内障、加齢黄斑変性症は4番目に多い。手術で視力が回復する白内障と違い、緑内障や加齢黄斑変性症は視力の回復が難しい。「そのため早期に発見し、病気の進行を止める、遅らせる治療をすることが重要です」と伊東院長。

 緑内障の初期症状は視野が狭くなる、視野の端が欠けるなどがあり、加齢黄斑変性症は、中心部がゆがんで見える、真ん中がかすむなどが多い。伊東院長は「両目でものを見ていることもあり、初期症状に気が付かないことが非常に多いです」と指摘する。

 両者の早期発見には、網膜の断面を見ることができる光干渉断層計(OCT)が有用だ。同院では、OCT画像と眼底写真を同時に撮影できる機械を導入し、短時間で検査が可能。患者の負担も少ない。「40歳以上の20人に1人は緑内障といわれています。40歳を過ぎたら、検査を受けることをお勧めします」と話す。

OCT画像による網膜黄斑部の断面図
OCT画像による網膜黄斑部の断面図

いとう眼科

神奈川県川崎市高津区下作延2-4-15 Mラインタワー2階

TEL:044-870-7755
FAX:044-870-7756

http://www.ito-eyeclinic.com

高津区版のピックアップ(PR)最新6件

<PR>

関連記事(ベータ版)

高津区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

溝口でシャンソンを

溝口でシャンソンを

5月28日 高津市民館

5月28日~5月28日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    高津物語

    連載第九九六回「大山街道と地域医療」

    5月19日号

  • 高津物語

    高津物語

    連載第九九五回「大山街道と医療」

    5月12日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年5月19日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/